読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

見た事を見なかった事にしないために、貧困問題を追いかけている

貧困問題 見続けること

f:id:kentaroupeace:20170131031116j:plain

当ブログは3年間、貧困問題をテーマにして来ました。

ですので、時々、人に聞かれる事があるんです。

「なぜ未だに貧困問題をテーマにブログを書き続けているんですか?」

理由は、いくつかあります。が、一番の理由は、貧困問題がこの社会にある事を見てしまったから、というものなんです。

どういう事か?、説明しましょう

続きを読む

もはや家族はセーフティネットにならないと断言する理由

家族共倒れ社会 セーフティネット

f:id:kentaroupeace:20170130073818j:plain

いざというとき頼りになる親類がいる=セーフティネット、では成熟した社会とは言えないと思ってしまってるのです。

 

この言葉は、当ブログの読者が書いてくれたコメントです。

実に、鋭い指摘だし、その通りだと思いませんか?

 

今回は、なぜいざというとき頼りになる親類がいる=セーフティネット」では、成熟した社会とは言えないと断言できるのか?

この問いをじっくり考えてみたいと思います。

続きを読む

継続する事で知る事ができる3つの事柄

継続の力 続けること

f:id:kentaroupeace:20170129023845j:plain

ちょっと前に、プロブロガー・イケダハヤトさんが書いた以下の記事を読みました

www.ikedahayato.com

  

内容を説明すると、こんな感じ。

物事の質を上げるためには、量をこなさなければいけない。

たくさん作るから必ず成功するわけじゃないんですが、たくさん作らないと成功するわけがない。

 

どうでしょうか?、要するに、量をこなす事の重要性を訴えた記事ですね。

んで、私、今、ブログを毎日更新中なんですよ

まさに、量をこなす事にチャレンジしているわけなんです。

 

そこで、今回は毎日、何かを継続する事で見えて来るものを皆さんにお伝えしたいと思います。

けっこう実感こもってます。

以下に3つにまとめました。

続きを読む

雨宮処凛氏「一億総貧困時代」を読んで、自己責任論は意味がないことを知ってくれ!

一億総貧困時代 自己責任論は無意味

作家・雨宮処凛さんの「一億総貧困時代」が発売されました

一億総貧困時代

一億総貧困時代

 実は、給料の関係でまだ買ってなくて、読んでません(笑)、すいません。

でも、今から読むのが楽しみな一冊なんです。いや、楽しみ、という言葉は適切ではないかもしれない。

楽しみ、というよりも、知らなければいけない現実を知る事が出来て、背筋を伸ばす事が出来る本と言ったほうがいいかもしれない。

簡単に言えば、自分に「喝」を入れてくれる本なんです

 

読んでもいないのに、なぜそう断言できるのか?

続きを読む

「差別するな」、と言いながら差別するのは辞めにしよう!、敵を作らないで戦う方法

差別 敵を作らないで戦う方法

f:id:kentaroupeace:20170105024603j:plain

アメリカに新大統領が誕生しました。

トランプ大統領です。

 

テレビのニュースで知ったんですが、アメリカ国内だけでなく、世界各国でトランプ大統領の就任式に対する反対デモが起きていたんですね

まぁ、言論の自由の精神があるので、デモそのものは否定しません。

 

しかし、一つ、「ちょっと待った」と言いたくなる場面を目撃したんですよ

それは、こんな場面です。

続きを読む

貧困当事者は自分に厳しい人達です、間違いない!

生活保護 自分に厳しい人達

f:id:kentaroupeace:20170126022145j:plain

貧困当事者は自分に厳しい人達です。

こんなふうに言ったら、どう思いますか?

 

「いや、いや、貧困当事者の人達は自分に甘いから貧困になったんでしょ?、もし自分に厳しい人達だったら、なんとかして貧困から脱出する方法を考えるでしょ?」

もしかしたら、こんなふうに思う人が多いかもしれません。

 

しかし、私は逆だと思うんですよ。

なぜ、貧困当事者は自分に厳しい人達だと思うのか?

今回は、その理由をご説明しましょう

続きを読む

罪を憎んで人を憎まずって出来ると思う?

貧困当事者

f:id:kentaroupeace:20170125012538j:plain

著作者:Freepik.com

罪を憎んで人を憎まずという言葉があります

意味は、犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけない、ということ。

 

んで、ここで皆さんに質問です。

罪を憎んで人を憎まずって出来ると思いますか?

 

きっと、多くの人がこんなふうに答えるでしょう。

「無理、無理、無理、出来るわけないじゃん!、ムカつく奴はムカつくでしょ?」

はい、仰る通りです。正解です。

 

でもね、私は罪を憎んで人を憎まずに挑戦したいんです。諦めたくない。

なぜ、挑戦し、諦めたくないのか?、今回はその理由をお話しします

続きを読む