読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

イケハヤさんのブログを読んで解った、「ホームレスは甘えるな」、と怒る人は、自分の首を絞めていると思った件

この記事を読みました!

 

いや~、今回のイケハヤさんの記事、シビれましたねぇ~

よくぞ、言ってくれましたぁ!、という気分です(笑)

イケハヤさんも仰るように、「ホームレスは甘えだぁ!」って言う人、けっこういます。

それはもう、ガッカリするぐらいいるんです

 

たとえば、僕が同窓会とかに行ったりして、日本のホームレス問題を熱く語ったりすると、感じるんです。

何をって?

同級生達の「それは、甘えだろう!みんな自分でなんとかしてるんだからさぁ」という冷たい視線です(笑)

言葉に出して来ませんが、言葉の節々に否定的な匂いを感じ取ってしまうんですよ

中には、酒の力を借りて、はっきりと「ホームレスは甘えだぁ!」と訴えて来る人もいます。

う~ん、何で、そんな意見が出て来るのか?

今回、自分なりに考えてみたいと思います。

 

自分はホームレスより上だという優越感を持ちたい

 

毎日、朝早く起きて、満員電車に乗り、会社に行く。

会社に行ったら、たくさんの仕事を抱えながら、失敗のプレッシャーに怯え、夜遅くまで仕事を続ける。

上司には嫌味を言われ、後輩は役に立たない。

こんな毎日を送っていると、ふつふつとある想いが湧いてきます。

「俺だって、頑張ってるんだから、褒めてくれよ、認めてくれよ!」という承認欲求です。

僕は、承認欲求が満たされないストレスが、「ホームレスは甘い!」という意見を生んでいるんじゃないか?と思っているんです。

つまり、家がない、お金がない、という状態であるホームレスの方達を低く見る事によって、「俺(私)はホームレスよりましだぁ!」と思いたいんじゃないでしょうか?

さらに、思っているだけでは終わらず、口に出して非難する事によって、大きな優越感を得ようとしている。

気持ちは解りますよ、気持ちは

でも、あまりにも悲しいですよね。

何より悲しいのは、ホームレスの方達を否定しても、自分の承認欲求は満たされないという事です。

 

自分に優しく、人に優しくでOK

 

解決策は簡単ではありません。

ある意味、「ホームレスは甘い」と訴える人達は、非難する事によって、自分の気持ちを安定させているとも言えます。

そんな人達は、ホームレスの方だけではなく、いつも自分より下だと思える人を探しているんです。

そんな人達に、ただ、「ホームレスを非難するのは辞めてください」と言っても、まったく理解できないでしょう。

だから、あえて、非難する人達に僕は言いたい!

「ホームレスの方達を非難しているから、辛いんですよぉ~」と。

 

どういう事かご説明しましょう。

つねに人を非難する事で、優越感を得て、自分の精神を安定させようとするって事は、一方で自分より上だと考える人の重圧に怯えているって事です。

でも、シンプルに考えて、上とか下とかのボーダーラインを作らなければ、そんな重圧から逃れる事が出来るんですよ。

どうでしょうか?

もし、あなたが会社の人間関係が辛い、なんかイライラすると思うのであれば、誰かを非難しているのかもしれません。

ちょっと考えてみてください。