脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

2014ブロフェスに行って解った、自分は落ちこぼれだと思う人こそ、ブログを書いて世に自分を示せ!

トピック「ブロフェス」について

 

f:id:kentaroupeace:20140827183158p:plain

 

2014ブロガーズフェスティバルに行って来ましたぁ~

いや~、楽しかったぁ~、楽しすぎた!(笑)

感じた事を書き残しておこうと思います。

 

OZPA氏の言葉にビビッと来た!

 

僕、友人にニートが多いんです(笑)

で、よくニートの友達に『ブログ書いたほうがいいよ、きっと最高の趣味になるよ』と、オススメしてるんですね。

正直、ブロフェスに行って、これからもっとブログを薦めて行こうと思いました

 

そんなふうに思ったのは、スタッフとして参加された、人気ブロガー、OZPA氏の影響がでかいです。

f:id:kentaroupeace:20140823111356j:plain

『ブログは目的ではなく、生き方を変える手段である』

OZPAさんがフェスの冒頭で発言した言葉です!

名言出ましたね!これにはシビれました。

 

実際、この言葉は真実だと思うんですよ

たとえば、僕がやっているはてなブログのブロガーさん達が解りやすいと思います。

はてなブログ界って、けっこうニート、無職、ウツで休憩中ってブロガーの方が多いんです。

で、僕が知っている限り、皆さん、ブログを書くって事が良いリハビリになっている気がしてならないんですよね。

はてなブロガーだけじゃありません。

ブロフェスに来ていた、ほとんどのブロガーさん達がブログを書く事で人生を変えたり、ささやかな楽しみにして日常に潤いを感じていました。

まさに、ブログが生き方を変える手段になっているんです。

これって、凄い事ですよね?

 

もちろん、フェスに来たゲスト講師の一流ブロガーが言ってたように、PVを伸ばしたり、書き続けるのは大変かもしれません。

でも、ニート、無職、ウツで休養中という状態は、ある意味、ネタに困らない状態にあると思うんですよ

 

ウツになってしまった人は、そもそも、俺ってどうしてウツになっちゃったの?という視点からブログを書けば、自分以外のウツの人に役立つ記事が書けるかもしれない。

ニート、無職の人は、自分にとって仕事とは何か?俺(私)に仕事をくれない世の中について、などをテーマに書くとガッチリとした記事になるような気がします。

 

こんな事を言っていると、必ず、「それは、結局、文章が上手い人、書ける人の話しでしょ?自分には無理だよ!」と、訴えて来る人が出て来るものです。

いや、いや、違うんですよ。

それは、ハードルを上げすぎなんです

もっと、書くハードルを下げればいい。

 

そんな時に、参考になるのがフェスでお会いした、ブロガー、チョビベリーさん。

歴史に残る下品なスライド、めちゃくちゃ面白かったんですよ(笑)

もちろん、一流ブロガー達のセミナーも面白かったし、勉強になりました。

が、「書き続ける事が出来ない」、「PVが月3000ぐらいしかない」という初級編で悩んでいる人は、一流ブロガーのアドバイスよりもチョビベリーさんのほうが参考になると思うんです

 

チョビベリーから学ぶ、弱小ブロガーを楽しむ方法

 

「俺(私)は月30万PVの人気ブロガーを目指すんだから、そんな方法は聞きたくない」と、思っちゃった人もいるかもしれません。

でもね、人気ブロガーを目指す人ほど、ブログ辞めるの早いんです(笑)

何で辞めちゃうのかと言うと、PVが伸びない時代があまりにも長いので、飽きちゃうんですよね。

だから、僕らがブログ生活をエンジョイするためには、弱小ブロガー時代を楽しめる人にならなきゃいけない。

やっぱり、ある程度、記事を書かないと、PVも伸びないですもんね。

 

そこで、僕がチョビべリーさんから学んだ、ブログを楽しく書くコツをご紹介。

それは、素直に書くこと

自分をよく見せようとしないこと

この二つです。

実際、書いてるチョビベリーさんも楽しそうにブログを書いてるし、それがなんとも言えない笑いネタになってます(笑)

フェスに来ていた、天下の暇女さんも、めちゃめちゃ褒めてました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

みんなでブログを書いて、生き方を変えて行きましょう!

広告を非表示にする