読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

『頑張っても報われないのになぜ努力するの?』さぁ、どう答える?

f:id:kentaroupeace:20150731005339j:plain

by:Evil Erin

頑張っても報われないのになぜ努力するんですか?

もし、あなたが誰かにこの質問をされたら、どんなふうに答えますか?

 

この質問はフリーランス非正規雇用の人達にとって、避けて通れないんです

たとえば、僕の経験からご説明しましょう

僕は、7年間、チラシ配布(請負)のバイトをしています。

冬の寒い日も今年のような夏の猛暑でも、外でチラシを配布する仕事なんです。

 

けっこうキツイ仕事なんですが、それは自分自身が納得しているので、別にいいんです。文句なし。

でも、時々、イラッと来る時があるんですよ。それは、7年間、時給が変わらないという事です(笑)

仕事のスタイルとしては、リーダーと個人制に分かれています。

リーダーとして学生のバイトさんを指導する役割だと時給1300円、個人制で一人でやると時給1100円なんですよ。そして、交通費も出ます。

まぁ、真夏とか真冬とかは別として、わりと良いバイトなんじゃないの?と読者の方は思うかもしれません。

でもね、7年ですよ、7年(笑)、それも、仕事の時は、自分の小心者な部分が刺激されて、ひたすらサボらないで黙々と配っているんです。

なので、けっこうクライアントさんには、ウケがいい、高評価を頂いているわけなんですよ。

最初は、「君はしっかりやってくれるから、頼りにしているよ」とか、「チラシ配布は君に任せるよ」とか、お褒めの言葉を頂けることが嬉しかった。

しかし、7年もやっていると、ある一つの願望が湧き上がって来ます。

「評価が高いなら、褒めるなら、そろそろ時給を上げてくれよ!」

どうでしょうか?気持ち分かります?(笑)

評価が低いなら、しょうがないですよ、でも、評価が高いのにも関わらず時給は上がらない。

でも、雇い主は何の遠慮もなく、僕に仕事を始めた時の能力とモチベーションを期待して来ます

そこで、出て来るのが冒頭の質問です。

「頑張っても報われないのになぜ努力するの?」

もう一度、聞きます。皆さんなら、どう答えますか?

 

サボらない程度に手を抜く

結論から言うと、僕はこんなふうに答えます。

「それは、諦めたほうがいいね、会社が時給を上げる事はないから・・・サボらない程度に手を抜いちゃえばいいよ!」

これが僕が7年間、チラシ配布の仕事をして、辿り着いた答えです。

「むなしいねぇ」と言う人もいれば、「それでいいじゃん!正解だよぉ!」と称賛してくれる人もいるでしょう。

また、「手を抜くとは、けしからん!」と怒る人もいると思います。

この答えのポイントは、「サボらない程度に、手を抜く」という所にあります。

当たり前ですが、サボっているのを雇い主に目撃されれば、入れる勤務地が無くなって行きます。

当然ですね、クライアントさんから「あの人はやる気を感じられないからいらない!」とクレームが来れば、「ご紹介できるお仕事はありません」と、言われてしまうからです。

だから、サボらない程度に手を抜く、これが大事になって来るわけですよ

新人だった頃よりは手を抜いているけど、だからと言って仕事をしてないわけじゃない。

この感覚に辿り着いたわけですね。

で、この感覚が重要なのは、フリーランス非正規雇用だけではありません

今や就職した正社員の人達だって、同じだと思うんですよ

正社員の皆さん、どうっすか?給料上がってます?アベノミックス実感してます?

きっと、ほとんどの人が「上がってない!」と、言うのではないでしょうか。

「上がってる!」と実感するのは、ごく一部でしょう。

そんな事を考えて行くと、「頑張っても報われないのになぜ努力するのか?」という質問は、日本全国の人達が持っているんですみんな心の片隅で、疑問に思ってる

さぁ、どうでしょうか?そろそろ答えは出ましたか?

もちろん、正解はありません。

僕とあなたは、違う人間です。だから、答えも違う。僕の答えも一年後には変わっているかもしれません。

大事なのは、「頑張っても報われないのになぜ努力するの?」という質問と向かい合って、折り合いをつけて行く事なんです

この質問、そのものが重要である、と言っていいでしょう

脅すわけではありませんが、この質問から逃げたり、気にしないふりをしていると、精神的に病んで来る可能性があります

しっかりと向い合って行きましょう。

共に、答えを探し続けて行こうではないか?