読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

知人と友達と親友の境界線ってどこ?

f:id:kentaroupeace:20161126015404j:plain

私逹は、コミュニケーションの距離感が人それぞれ違います。

『えっ、そんな事ないでしょ?、みんな、だいたい一緒でしょ?』

もしかしたら、こんなふうに言う人がいるかもしれません。

 

では、そんな人に質問したい。

『私が突然、あなたの事を友達だよね?』と、言ったらどうしますか?

 

もちろん、この記事を読んでいる人の中に、私のリアルな友達がいれば、『そうだね!』と、答えてくれるかもしれません。

 

しかし、当然ですが、まったく会った事がない人であれば、『いや、友達なわけないじゃん』と答える人がほとんどでしょう。

 

けれど、ネット(ブログ)というものは、面白いものなんですよ

このブログを昔から読んでくれている人は、会った事もないのに、私の事を『友達』と同じ気持ちで接してくる人がいるんです。

皆さんも、経験した事ありませんか?

 

自分のツイッターとかFacebookの投稿に、一度しか会った事ないのに、まるで友達のような馴れ馴れしいコメントをしてくる人(笑)

時々、いるでしょ?

ブログを書いてると、あれと、同じ現象が起きるんです。

 

突然、『あなたは、あんな記事を書くべきじゃないと思う、裏切られました』と、コメントで指摘してくる人が出て来るんですよ。

 

でも、私からしたら、「そもそも、あなたは誰なんだよ?」という気持ちなんです(笑)

きっと、突然、まいぶれもなく、批判コメントをくれる方は、ご自身の中では、私と友達のような感覚になっていると思うんです。

 

今の話しは、ネット内でのお話しでした。

が、リアルな生活の中でも、ネット内と同じような、人との距離感のズレは起きているものなんです。

今回は、我々が生活していくうえで重要な人との距離感について、考えてみましょう

 

人間関係の境界線はどこ?

 あなたは、知人、友達、親友の境界線をどんなふうに考えていますか?

一度、会っただけだと、知人?

二回会ったら、友達?、それとも、さしで食事したり、飲みに行ったりしたら、友達?

 

じゃあ、親友はどうだろう?

家族でも話せない悩みをうちあけたら、親友?

 

しかし、肝心の相手は、自分の事を友達、親友としてではなく、単に知人と思っているだけかもしれない。

 

なんか、いろいろ考えすぎて、頭が痛くなって来ました。

実は、20代の前半、私は自分の知人、友達、親友の境界線に悩んでいました。

相談したいけど、相手は自分をただの知人にしか思っていないかもしれない

 

そんな事で悩んで、話しかけられないでいました。

けれど、30代になった今は、まったく悩んでいません。

自分なりの答えが、はっきりとみつかったからです。

お伝えしましょう

 

知人も友達も親友も、相手が、どう思ってくれるかに、任せましょう(笑)

これが、一番いいです

 

相手が知人と思っているなら、それでいい。

相手が友達と思っているなら、それでいい。

相手が親友と思ってくれているなら、それでいい。

 

こんなふうに、考えてからは、人間関係の距離感、境界線にいちいち悩まなくなったし、人にどんどん話しかけれるようになりました。

 

どうでしょうか?

もし、人間関係の距離感に悩んでいたら、ぜひ、参考にしてください。

共に、人間関係を楽しんで行こうではないか?