読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

素直になる事はマナーを守らなくていいという事ではない!

f:id:kentaroupeace:20161130162927j:plain

数年前に、アドラーの「嫌われる勇気」が話題になりました。

きっと、あれだけの大ベストセラーですから、覚えている人も多い事でしょう。

 

ただ、私は「嫌われる勇気」が話題になってから、ずっと疑問に思っている事があるんです。

それは、嫌われる勇気を発揮する事とマナーを守らなくていい事が一緒になっていないか?、という疑問です

 

要するに、素直になる事とマナーを守らなくていい事がごっちゃになってしまっている

最近、本当にごっちゃになっている人、多くないですか?

 

しかし、素直になる事とマナーを守らなくていい事がごっちゃになってしまうという事は、結局、その人の自信の無さの表れだと思うんです。

今回は、本当の意味で素直になる事は、どういう事なのか?を考えます。

 

意見を言う時、攻撃的になる人

こんな人に会った事はありませんか?

自分の意見を言う時に、必ず攻撃的になる人。

私、20代前半の若い頃、こういう人の事をかっこいいと思ってました。

考えてみてください。

 

自分の意見をはっきり言うのは、勇気のいる事です。

自分の意見をはっきり言う事で、意見を言った相手に嫌われてしまうかもしれない。

最悪、生意気だと思われて、ハブにされたり、いじめに合う可能性だってある。

 

しかし、そんな事を覚悟のうえで、自分の意見をはっきり言い、時には、相手を罵声したりする。

若い頃は、そういう人を本当にかっこいいなぁ、と思っていました。勇気のある人だと思っていました。

しかし、今は少し違います。

 

自分の意見を嫌われる覚悟で言うのは、かっこいい。けれど、その伝え方、言い方によっては、ものすごくかっこ悪いと思うようになりました。

ちょっと、説明させてください。

 

自信があるとは、冷静でいられること

私は思うんです。

自分の意見をはっきり言うのに、わざわざ相手を挑発する必要はない、と。

20代前半の頃、かっこいいと思っていた人達は、やっぱり嫌われること、ハブにされることを怖がっていた。

だから、勇気を出すために、自分を攻撃的にして、自分を大きく見せないと、意見が言えなかった人なんだ、と思うようになったんです。

結局、自分の意見を言う時に、攻撃的になる人も、意見を言えない人と同じように、自信がないんですよ。

 

本当に自信のある人は、ちゃんとマナーを守りながら、冷静に意見を言える人。

態度だけ大きくて、攻撃的な人の意見に騙されてはいけません。

わざと嫌われようとする時点で、結局、自信がないんです。

冷静に相手の事を考えながら、自分の意見を伝えられる人が本当に自信のある人です。

つまり、素直になる事はマナーを守らなくていい事ではない、という事を知っている人。

忘れないようにしましょう。

共に、素直になる事とマナーを守らない事を混同しないようにしようではないか?!