読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

あなたの自慢できる事は何ですか?、もし解らないなら、毎日、ブログを書いてみよう

ブログの力  自慢できること

f:id:kentaroupeace:20161216032529j:plain

自分には自慢できることなんてない、得意なものなんてない!

もしかしたら、こんなふうに悩んでいる人はいませんか?

 

要するに、あなたの自慢できる事は何ですか?、と聞かれて、答えられない人の事ですね。

今回は、そんな人にオススメする、自分の自慢できる事を発見する方法をご紹介しましょう。

 

ズバリ、それは、ブログを毎日更新することです。

なぜ、毎日、ブログを更新する事が自分の自慢できる事を発見する方法なのか?

ちょっと、説明させてくださいね。

 

ネタを探す事で自分の過去を見直す事が出来る

私はブログ毎日更新にチャレンジ中です。目標は3カ月続けること。

しかし、予想していた通り、毎日更新はけっこう大変です(笑)

 

仕事が終わって、そのまま真っ直ぐ家に帰るのであれば、たいして大変ではありません。

しかし、うっかり飲み会に行ったり、職場の知り合いと話したりしてしまうと、帰るのが遅くなってしまう。

そうなると、ネタ探しに焦ります。寝るのが遅くなると、睡眠不足で次の日が辛いので、なんとか早くブログを書いてしまいたい。

 

当ブログは、貧困問題をテーマにしているので、本当は毎日、ど真ん中の貧困問題ネタを書くのが望ましいと思うんです

ですが、貧困問題の記事を書く時は、ネットで調べたり、本を読んで調べたりしながら書かなければいけません。間違った事を書いてしまうと、結局、後で訂正して書き直さなければいけないからです。

けれど、調べながら書くと、書くのに時間がかかって、二時間ぐらいかかってしまう。

 

でも、早く書きたいからと言って、貧困問題から遠く離れた記事は書きたくない

そこで、私が考えたのが、「考え方から脱貧困」というカテゴリーを重要視する事でした。

要するに、ライフハック系記事、自己啓発と言われるジャンルですね。

前から書いていましたが、もっと積極的に書くように意識したわけです。

 

どんな考え方、思考を持っていれば、自分を貧困から遠ざける事が出来るのか?、という観点から記事を書けば、ブログを毎日更新できる、と思いました。

それは、「人に素直に助けを求める事が強さである」という記事だったり、「非生産的な存在でも生きていい」事を訴える記事だったり、「うつにならないためのアイディア」を発表する記事だったりしました。

このブログの管理人である私は、すべて、脱貧困の観点からライフハック系記事を書いていたわけです。

んで、私、これまでブログ記事を書いて来て、気がついたんですよ。その気づきとは何か?

 

それは、私は今まで何百冊の自己啓発本や心理学の本、ビジネス本を読んで来たって事に気がついたんです。

これは、新たな発見でした。

今まで、ただ好きだから、本を読んで来ただけなのに、ブログを書く事で、自分の自慢できること、得意分野に気がついたんですよ。

 

さらに、自分が体験した過去の出来事をエピソードにまとめながら、ライフハック系の記事にする事ができる事も解って来ました。

それは、本を何百冊読んで来た事から、ライフハック系の視点を身につけて行ったんだ、と思うんです。

 

このように、毎日ブログを書く事で、自分では気がついていなかった自慢できる事を改めて発見する事が出来たんですよ。

私の場合は、これまでたくさんの本を読んで来たこと、そして、いつのまにかライフハック系の視点を身につけていた事です。

 

皆さんはどうでしょうか?、ぜひ定期的にブログを書く事で、自分の自慢できる事を発見してほしいと思います。

周囲の評価は関係ありません。大事なのは、あなたがあなた自身の感覚で発見する事なんです。

ぜひ、ブログを書いてみて

共に、ブログで自分の自慢できる部分を発見して行こうではないか?!