読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

報われる努力がしたいなら、優先順位を決めて嫌われる覚悟を持て!

f:id:kentaroupeace:20170118014333j:plain

最近、ツイッタ―でこんなつぶやきを見かけました

引きこもりから立ち直ろうと思ったきっかけの一つはアニメのセリフの一言。

「やりたいことに優先順位をつけて覚悟を決めるの。努力しなくてもいいわ。それで大抵のことは実現しちゃうの」BY無限のリヴァイアス

 

実は、このアニメ見ていないんですが、この言葉に痺れちゃったので、紹介させて頂きました。

なかなか、いい言葉ですよね。

私が思うに、ポイントは「優先順位を決めて、覚悟を決める」というところ。

 

もしかしたら、努力をしても報われない人は、優先順位と覚悟がないからなんじゃないでしょうか?

ちょっと、考えてみましょう。

 周囲の目を気にしてしまう

優先順位と覚悟がないと、どんな努力をしてしまうのか?

それは、周囲の目を気にした努力をしてしまう事になるんです

 

周囲の目を気にした努力は、優先順位を狂わせるんですよ

 

ちょっと、想像してみてください。

今、あなたは友達と山登りをしています。目標は早く頂上に到達すること

そうなると、やるべきことはたった一つ。脇目も振れずに、頂上まで歩けばいい。簡単ですね。

ところが、人生という名の山登りは、そんなに上手く行きません。

 

周囲の目を気にしてしまうからです

たとえば、この山登りの話しで言えば、一緒に山登りをしている友達の存在です。

友達がこんな事を言い出したら、あなたはどうしますか?

「ペース早くない?もうちょっとゆっくり歩こうよ!」

 

さぁ、どうしますか?、優先順位と覚悟がないと、こんなふうに返答してしまうかもしれません。

「うん、そうだね、もうちょっとゆっくり歩こう」

 

いいんですか?、それで?

あなたの目標は「早く頂上まで到達すること」だったんじゃないんですか?

でも、あなたの目標が「友達と仲良く山登りすること」だと言うのなら、それは問題ありません。

いったい、どっちがあなたの本当の目標なんでしょうか?

 

嫌われる覚悟

この山登りエピソードは、私が今作った架空のお話しです。

しかし、現実の世界でも、これと似たような体験を味わっていませんか?

本当は家に帰って資格の勉強をしたかったけど、友達に飲みに誘われて勉強しないで寝ちゃった。

本当は会議で別の意見を言いたかったけど、雰囲気に流されて上司の意見に賛成した。

 

こういう周囲の目を気にして、自分のやりたい事を見失ってしまうのは、すべて優先順位と覚悟が決まってないからです

あなたが本当にやりたい事があるなら、まずは優先順位を決めましょう。

時間は有限です。そして、優先順位が決まったら、周囲の目を気にしないで、嫌われる覚悟を持って、ひたすら目標に向かって歩きましょう。

それが、出来れば努力はいらない。なぜなら、自然に前に進んでいるからです。

ぜひ、覚えておきましょう

「やりたいことに優先順位をつけて覚悟を決めるの。努力しなくてもいいわ。それで大抵のことは実現しちゃうの」BY無限のリヴァイアス

共に、優先順位と覚悟を持って歩いて行こうではないか?!