読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

世の中に貧困女子がこんなにも増えてしまった2つの理由

貧困女子  脱貧困女子  考え方から脱貧困

f:id:kentaroupeace:20160923154413j:plain

by:arteunporro

最近、『貧困女子』という言葉をメディアなどを通して、よく目にするようになりました。

今や働く単身女性の3人に1人が年収114万円未満とも言われています。

どうして、こんな世の中になってしまったのでしょうか。

世界トップクラスの経済大国、日本になぜ『貧困女子』という言葉がこれだけ広がっているのか?、皆さんはどう考えてます?

原因は大きく分けて二つあると僕は考えているんです

 

一つは、社会構造の問題

二つ目は、人と比べる事でしか自分の価値を感じられない考え方の問題です。

 

なぜ僕は、この二つが世の中に貧困女子を蔓延させる原因になっている、と悟ったのか?

それは、一冊の本が大きく影響しているんですよ。

ご紹介しましょう。

 

沢木文さんが書いた『貧困女子のリアル』という本です

貧困女子のリアル (小学館新書)

貧困女子のリアル (小学館新書)

 この本の最大の特徴は、『貧困予備軍』状態の女性を中心に書かれているところなんです。

僕は日頃から考えていました。人が貧困になるには、3つのステップがあるんじゃないか、と。

それは、貧乏→貧困予備軍→貧困という3つのステップです。どんな人でも、一気に貧困状態になってしまうわけじゃない。
(参照・貧困と貧乏は違います!当ブログは貧困は否定していますが、貧乏は肯定しています! - 脱貧困ブログ

人は貧困になってしまうまでに、様々な苦難を味わい、だんだんと貧困に落ちて行ってしまうんです。

だからこそ、脱貧困の観点から考えると、二つ目の『貧困予備軍』の段階で何かしらの救済手段を考えないと、生活保護に頼るしかないガチの貧困状態になってしまう。

 

ですので、今日は貧困予備軍状態にいる女性をテーマに書かれている『貧困女子のリアル』をテキストにしながら、その救済手段を皆さんと考えてみたいと思います。

 

社会構造が変わるまで待てない

最も効果のある救済手段は、社会の構造が変わる事です。

きっと皆さんも想像がつくと思います。

不景気、非正規雇用の増加、ブラック企業、ブラックバイト、パワハラ、セクハラ、マタハラ、少子高齢化から来る下流老人の問題、働き手である若い労働者がいなくなること、うつや自殺者がこれからも増えていくかもしれない未来。

これらの社会問題をすべて個人の問題、自己責任で解決するのは無理があります。

社会構造、つまり、政治、福祉が国民をケアして行かないと個人の力では限界がある。

 

『貧困女子のリアル』の中でも、こんなふうに指摘されていました。

 

非正規雇用の問題は大きい

(中略)「一歩間違えば貧困」という危機的状況は、今後も悪化していく可能性がある。

2015年に労働派遣法が改正され、すべての業務にまつわる派遣労働者が継続的にひとつの職場で働ける上限が3年以内となった。

これにより、3年を超えその職場で働こうとするとクビを切られる可能性が高くなったのだ。

 

また、契約社員についても注目したい。派遣会社が仲介する派遣社員と異なり、契約社員は企業と直接、契約している場合が多い。

多くの会社では、雇用期間を特に定めない無期雇用という形態をとりつつ、安い資金で正社員以上の専門業務をさせているケースも目立つ。

(中略)働いても誠意を尽くしても、企業は簡単に労働者を切る。特に養うべき家族がいない独身女性は格好の首切り対象だ。

 

(中略)取材した中には、非正規雇用で病気になったら切られた人、妊娠を告げたと同時に解雇された人、親の介護で退職で促された人・・・泣き寝入りしているうちに貧困状態になってしまった人も少なくなかった。

 

どうでしょうか?非正規雇用派遣労働者の問題、契約社員などの問題はどう考えても、個人の努力だけではどうする事も出来ない。

社会の構造(政治・福祉)が変わって行くしかないんです。

 

しかし、本当に悔しい事だけど、社会の構造が変わってくれるのを待っている時間はない。

もちろん、僕のように、ブログやネットなどを使って世の中に訴えて行く事は出来ます。

けれど、スピードが遅い。貧困予備軍は、モタモタしていたら、生活保護が必要なガチの貧困状態になってしまう可能性が高いからです。待っている時間はないんですよ。

 

とは言え、即効性のある解決策なんてないような気がする。はぁ~、なんだか溜息が出てしまいます。

が、落ち込んでもいられない。そこで、僕、考えました。

即効性はないけれど、最も現実的で少しずつ解決に近づく道があるんです。

それが、2つ目の人と比べる事でしか自分の価値を感じられない考え方を変えて行くという方法です。

簡単に言うと、見栄をはるな、ということ。

どういう事か?ちょっと説明しましょう。

 

見栄をはるな、人と比べるな!

『貧困女子のリアル』を読んで一番、印象に残ったのはどんな事ですか?、と聞かれたら、僕はこんなふうに答えます。

「周囲の目を気にして、見栄のために消費してしまう女性が多い事に驚きました」

こんなふうに答えると思うんですよ

 

要するに、こういう事です。以下に代表的な3つのパターンにまとめてみました。

 

その1・年収が低いにも関わらず、周囲に貧乏だと思われたくないから、ついつい高価なファッションやアクセサリーを借金して買ってしまう。

 

その2・本来ならお金に余裕が無いのに、飲み会やパーティーに誘われると、「お金が無いから来ないんだ」と、友達に思われたくないから無理して参加してしまい、その結果、貯金が貯まらない。

 

その3・寂しさが原因で、イケメンだけど消費グセのある男に惚れちゃって、その男とつき合うために貢(みつ)ぎ始め、結局、借金するようになる

 

どうでしょうか?、『貧困女子のリアル』には、著者である沢木文さんが取材した上記の3つのパターンにあてはまる女性たちがたくさん登場します。

この3つのパターンにあてはまる女性たちに共通するものはなんだと思いますか?

 

そうです、「見栄をはっている、人と比べて周囲の目を気にしている」という事なんですよ

そして、その見栄や人と比べてかっこつけてしまう気持ちが『貧困予備軍』から『貧困』に落ちてしまう大きな要因になっていると思うんです

だからこそ、僕は思う。

人と比べる事でしか自分の価値を感じられない考え方を変えて行かなければならない、と。

だって、そうでしょ?もし3つのパターンにあてはまる女性達がこのまま人と比べて、見栄をはり続けたらどうなりますか?

 

当然、借金はどんどん増えて行く、貯金はどんどん減って行く

さらに、その3のクソ男がDVしたり、支配して来たりなんかしたら、最悪、男にみつからない所に逃げなきゃいけなくなるかもしれない。そうなったら、いよいよ、生活保護しかありません。

 

まぁ、こんな偉そうな事を言ってますが、僕だって弱い人間です。

月17万円ぐらいしか稼いでないのに、寂しくなると、ついつい4000円ぐらいの飲み会に参加したり、合コンとかに行っちゃう(笑)

でも、そんな意志の弱い僕でも身を滅ぼすような借金をしたりする事はありません。

ですので、この記事を読んで、3つのパターンにあてはまって、ドキッとしているあなただって出来るはずです。

 

今からでも遅くはありません。

冷静に自分を見つめて、こんなふうに自分に質問してみましょう。

「高価なモノで自分を着飾っても、自分の価値が上がるわけじゃない、本当は解ってるでしょ?」

「本当にその飲み会、パーティーに行く意味があるの?お金はそんなに無いけれど、仲の良い友達だっているんじゃないの?」

「何でイケメンじゃなきゃ駄目なの?、理由は結局、イケメンを連れていると周囲の友達に自慢できるからでしょ?そんなのは、その男が好きなんじゃなくて、単に自分に酔ってるだけなんじゃないの?」

 

どうでしょうか?、冷静に自分に質問してみる事が大事です。

ただし、依存症などの症状がある人は、それは自分だけで解決するのは不可能です。

なので、しっかりと病院に行って、治療してもらいましょう。

共に、人と比べる事でしか自分の価値を感じられない考え方を変えて行こうではないか?!

私がありのままより無いがままをオススメする理由

ありのままより無いがまま  考え方から脱貧困 

f:id:kentaroupeace:20150726200558j:plain

よく自己啓発本などで人は『ありのまま』でいい、もっと自分のすべてを認めましょう、と書かれているのを目にする事があります。

しかし、僕は『ありのまま』の生き方に最近、反対なんです

 

理由は簡単。

ありのままの生き方を目指すと無いモノねだりになってしまうから

だから、ありのままより無いがままを目指したほうが生きづらさから解放されるのではないか?と思うようになって来たんです。

無いがままの生き方とは、欲しいモノより持っているモノに目を向けるということ。

 

どうして、そんなふうに思うようになったのか?

ちょっと説明してみましょう

 

ありのままは欲望が止まらなくなる

人間には睡眠欲、食欲、性欲の三大欲求があると言われています。

簡単に言うと、ありのままの生き方を目指すと、この三大欲求がフルパワーで発動するんです。それりゃ、もう止まらなくなります。

 

べつに、欲望を否定するわけじゃありません。が、自分で欲望をコントロールできないと楽しむというレベルを超えて、欲望に飲まれて行きます。

 

そうなると、最悪、パチンコ依存症アルコール依存症などの依存症が歩み寄って来て、自分の人生にマイナスの影響を及ぼす可能性だってある。

僕は、消費社会の今だからこそ、自分の欲望のマネイジメントには十分、注意して行くほうがいいと考えているんです。

だって、そうでしょ?都心に行って街の中を見てみてください。

どこもかしくも、広告や宣伝でいっぱいですよね。なんか街中から『買え!』と、指令を受けている気にさえなります。

 

そんな状態で何か嫌な事があって、身体も心もストレスだらけになったらどうなります?

どんなに意志の強い人でも、購買意欲を刺激され、酒を飲んだり、服を買ったり、遊ぶ事に金を使って、三大欲求を満たして、ストレス解消しようとするでしょう。

そんな事を考えて行くと、僕らは、すでに依存症予備軍と言っていいのかもしれません。

 

繰り返しになりますが、べつに、欲望がある事は悪いことじゃない。

要するに、酒は飲んでも飲まれるな!、という事が言いたいんです

しかし、ありのままの生き方を目指していると、どんなふうに欲望にストップをして行けばいいのか解らなくなります。

というか、自分の欲望にストップをかける気すら消えていくかもしれない。

なぜなら、自分のありのままを認めているからですよ

そこで、ありのままの生き方のかわりに、僕がオススメするのが無いがままの生き方です。

無いがままの魅力をご説明しましょう。

 

無いがままはすでに持っているモノを見る

街中にあふれる『買え!』という指令に振り回されないようにするためにはどうしたらいいのか?

それは、欲しいモノよりも持っているモノに目を向ける事です

人が購買意欲に負ける時、ほとんどの人が「今よりもっと良いモノが欲しい」と思うもの。

そして、その『もっともっと』という心の声に耳を傾けてしまう事が街中の『買え』という指令に負ける最初の一歩なんです。

『自分にはまだまだ足りないモノがある、自分には何も無いんだ』と、思い込んでしまっている。これは、ある意味、自分の中の劣等感やコンプレックスを何かを手に入れる事で満たそうとしているんだ、と思うんです

しかし、何かを手に入れた事で自分の心が満たされることはない。結局、時が経てば、べつの新しいモノを手に入れたいと思ってしまうからです。

 

だからこそ、まずは冷静になって、『無い』と思い込んでいる自分の周囲をもう一度、よく見てみる事が重要になって来る。無いがままの自分を考えるんです

そうすると、友達がいないと思っていたけど、仲良くしてくれている友達が意外にいる事に気がつくかもしれない。

自分には恋人がいないと嘆いていたけれど、自分に恋心を持ってくれている異性に気がつく事が出来るかもしれない。

ありのままから来る『もっともっと』の気持ちに隠れて、今あるモノの重要さを忘れていた可能性が高いんです

 

どうでしょうか?もちろん、いつもいつも、今ある重要さに気がつけるとは思いません。

しかし、ストレス発散のために、「ありのまま」を言い訳にして、「もっともっと」の気持ちのまま、無駄にモノを買ったり、大量に食べたり飲んだりする事を減らせるんですよ。

 

貧困対策としての無いがまま

ここまで読んでくれた方の中で、こんなふうに批判したくなった人がいるかもしれない。

「何で脱貧困をテーマにするこのブログが無いがままを薦めるんだよ、貧困のままでいいのかよ!?」

こんなふうに思った人いませんか?大事な事なので、書いておきますね。

無いがままの生き方は、脱貧困のためにも有効です

説明しましょう。なぜ、無いがまま思想が脱貧困の役に立つのか?

それは、ストレス解消のための無駄な買いモノを減らせるからです

シンプルな理由でしょ?

 

昔から当ブログでお伝えして来ました。

ガチの貧困状態、つまり、家が無くなる、頼れる人が本当に誰もいないという人は、なる早で生活保護の申請をしてほしいと思うんです。

しかし、世の中には、今は生活保護までは行かないんだけど、あと少し、あと数歩進めば、生活保護が必要になるかもしれないという人がたくさんいます。

要するに、貧困予備軍です。そんな貧困予備軍の人が気をつけなければいけないのが、ストレス解消のための買いモノなんですよ

 

僕も含めて、貧困予備軍の人達は、多くの劣等感、コンプレックスを抱えています。

人に比べてお金がない、頼れる人がいない、非正規で働いているという劣等感、コンプレックスが、やけにさせて、『今が楽しければいい』という気持ちを生むんです。

「今が楽しければいい!」という気持ちがあると、あっさりと街中にあふれる『買え!』という指令に負けます

そうなると、どんどんお金を使って、貯金がどんどん減って行き、本当に生活保護に頼らなければいけなくなる。地獄絵図です。

 

そんな事にならないためにも僕らは「もっともっと」の『ありのまま』より持っているモノに目を向ける『無いがまま』思想に変えて行ったほうがいい。

どうでしょうか?ぜひ、考えてほしい。

共に、無いがまま思想を身につけて行こうではないか?!

強い絆は仲間外れを生む、気をつけろ!

強い絆  ゆる~い絆  グレーな人間関係  中道

f:id:kentaroupeace:20160912033101j:plain

by:Yasin Hassan - ( Sick )

「えっ?何で強い絆が仲間外れを生むの?逆でしょ?」

この記事のタイトルを見て、こんなふうに思った人いませんか?

 

気持ちは解ります。

強い絆、という言葉から連想されるイメージを考えると、きっと以下のようなものだと思うんです。

 

1・絶対に裏切らない友人、家族、恋人

2・どんな時でも困った時に助けてくれる、頼りになる仲間達。

3・圧倒的な一体感、団結力を感じる組織、チーム、共同体

 

きっと、多くの人は、1~3のような感情を強い絆と呼ぶのでしょう。そして、1~3に対する憧れが、『強い絆は仲間外れを生む』という言葉に違和感を持つ大きな原因だと思うんです。

しかし、残念ながら、1~3のような感情は、強い絆から得る事は出来ません。

 

いや、もっと正確に言うと、「絶対に裏切らない」とか「どんな時でも困った時に助けてくれる」とか「一体感、団結力を感じる共同体」とか、そんなものは幻想です。夢幻なんですよ。

 

「えぇ~、それじゃ、あまりにも悲しすぎる、希望がないよぉ~」と、読者の方は言うかもしれない。

でも、安心してください。僕は強い絆は否定していますが、ゆる~い絆、白でも黒でもないグレーな人間関係は積極的に信じているんです。

なので、この記事を読んでいる皆さんにも、強い絆よりゆる~い絆、グレーな人間関係をオススメします。

なぜ、そこまで僕が強い絆を否定するのか?

ちょっと説明してみましょう。

 

村八分=強い絆

村八分という言葉を知ってます?

辞書で調べると、村の秩序を乱した者に制裁として交際を断つこと。こんなふうに書いてあります。

そして、村の秩序を乱した者と交際を断つという行為は、村に残った人たちの中で団結力、一体感、強い絆を生むんです。 

もうお気づきですね?、そうです、強い絆を組織内で作るためには、仲間外れになる人達が必要なんですよ。生贄(いけにえ)ですね、解りやすく言うと。

だからこそ、そもそも絆という言葉に、「絶対に裏切らない」、「どんな時でも困った時に助けてくれる」、「一体感、団結力を感じる共同体」を期待する事が間違っているんです。

 

もっと言えば、強い絆を実感している時、必ずと言っていいほど、自分の見えない所で孤独、寂しさを抱えて苦しんでいる人達がいる事を忘れちゃいけないんですよ。

だって、強い絆を感じられるのは、仲間外れになっている人達のおかげなんだから。

それは、歴史が証明してますよね。第二次世界大戦中、ナチスはユダヤ人を徹底的に弾圧、差別する事で、自国の一体感、団結力、そして絆を深めました。

強い絆を実感するためには、敵が必要なんですよ。

 

僕が強い絆を信じられないのもそこにあります。

ここまで読んで、なんだかガッカリしてしまった人がいるかもしれない。

「言っている事は解るけど、やっぱり、ゆる~い絆、グレーな人間関係だと、なんか寂しいよねぇ・・・」

そんなふうに思っちゃた人がいるかもしれませんね。でもね、ぜーんぜん、そんな事ないんですよ。

むしろ、逆です。僕はゆる~い絆、グレーな人間関係を意識してから、孤独、寂しさが和らいで、人間関係を楽しめるようになりました。

もちろん、傷つく事もあるけれど、ゆる~い絆、グレーな人間関係を意識すると、立ち直りが早いんですよ

最後に、ゆる~い絆、グレーな人間関係の長所を熱く語らせて頂きましょう。

 

中道を意識する

ゆる~い絆、グレーな人間関係とは何か?

それは、相手や物事に過剰に期待しないで、遠すぎず近すぎずの距離感を保つということです。

これを仏教用語で『中道』と言います。最近では、一般的に使われている言葉なので、ご存じの方もいるかもしれませんね。

 

知らない人のために説明しておくと、『中道』とは自分の『いい加減』を知る事です。

たとえば、あなたが風呂に入る時に、湯加減をチェックすると思います。

その時、お湯が熱すぎると入れないし、逆に、ぬるすぎると風邪をひいてしまう。

熱すぎずぬるすぎずの自分のちょうど良い湯加減でお風呂に入ると思います。

 

それは、人生、生きて行くうえでも同じこと。

仕事、恋愛、人間関係、何事も極端に考えてしまうと、自分を苦しめてしまいます。

だから、自分の生き方も湯加減をチェックするように、熱すぎないか?または、ぬるすぎないか?を確認して、自分の『いい加減』を探す事が重要なんですよ。

 

また、『中道』は、自分自身の生き方をみつめるうえでも有効です。

自分を否定しすぎると、自己否定が強くなって、『卑屈』になってしまう。

でも、だからと言って、自分を肯定しすぎると、今度は『傲慢』になってしまう

よって、自己否定、自己肯定、両方が必要になって来るんです。

自己否定だけじゃない、自己肯定だけでもない。自己否定、自己肯定の間の道、中道を歩むんですよ。

どうでしょうか?僕は『中道』を意識するようになってから、だいぶ楽になれました。

もちろん、仕事や人間関係でイライラする事もありますが、そういう時はだいたい『中道』を忘れている時です。自分の『いい加減』を見失っている時なんですよ。

 

『ゆる~い絆』、『グレーな人間関係』、『中道』を意識すれば、『強い絆』にすがる事を減らせます

ぜひ、やってみて。

共に、『強い絆』を諦めて、ゆる~い絆を模索して行こうではないか?!

就職したくない人へ、週休5日の働き方教えます

就職したくない人  週休5日の働き方  年収90万円で東京ハッピーライフ  大原扁理

f:id:kentaroupeace:20160908032426j:plain

週休5日の働き方がある

こんな事を言われたら、あなたはどんなふうに思いますか?

 

「どうせ、怪しいネットワークビジネスでしょ?」、「嘘だ、そんな生活できるわけがない」

きっと、上記のような感想を持つと思います。

でもね、週5日休んで、のんびりと楽しく生活している人が現実にいるんですよ

 

ご紹介しましょう。

『年収90万円で東京ハッピーライフ』の作者・大原扁理さんです。

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフというタイトルを見て、驚いた人がいるかもしれません。

そりゃそうですよね、みんな貧乏になりたくない。お金を稼いで、派手に遊びたい。

そんなモチベーションを持って、毎日、働きに行っていると思うんです。

でも、大原さんは違う。大原さんは、本の中でこんな事を言っています。

 

人はあまり私の事を知りません。なぜかと言うと、『隠居』してるからです。

わたしは20代で世を諦め、あんまり働かなくなり、いまやほとんど人と関わってないんです。

いいえ、ITや株で儲けてアーリーリタイアとかいう、経済的に恵まれた話しではありません。宝くじも当選していなければ、親の遺産もない。

でも、ちゃんと生きてます。

 

(中略)忙しすぎる仕事も辞めました。

もっとフツーの生活を求めて、仕事を調整しながら、だんだん減らし、使うお金も工夫して減らし、そしてだいたい20代半ばぐらいから、今のような週休5日の悠々自適生活に落ちついて来ました。

 

どうでしょうか?

もしかしたら、ここまで読んで、怒りだした読者がいるかもしれない。

「はぁ?、俺(私)が知りたかったのは、ITや株で儲けてアーリーリタイアする方法なんだよ、大原さんみたいに貧乏になって、世の中に乗り遅れる方法じゃない、ふざけるな」

う~ん、まぁ、気持ちは解ります。

上記のような怒りがわいて来た人には、ごめんなさい、としか言えない(笑)

しかし、僕は断言します。

大原さんの生き方は、ITや株で儲けてアーリーリタイアしようとしている人にも参考になるんですよ

なぜ、そんなふうに思うのか?

じっくりとご説明しましょう。

 

働き方が崩壊している国、日本

この記事を読んでくれている方の中には、「就職したくない」、「週休5日」という言葉に惹かれた人もいると思います。

きっと、これらの言葉に惹かれたという事は、今の働き方に疑問や憤りを感じているからですよね。

だからこそ、ITや株で儲けてアーリーリタイアしようと考えているんでしょ?

もしかしたら、会社という組織の中で競争する事に心底、疲れている状態なのかもしれない

 

早朝に起きて、眠い目をコスリながら、ギュウギュウの満員電車に乗って、やっと会社に到着。

やる意味あるのか?、と思える会議をこなし、上司が思いつきで出したアイディアの準備をしなければいけなくなる。

成果主義なら、まだいい。でも、うちの会社は成果主義に見せてるだけで、結局、上司の意見を尊重しなければいけなくて、何の為に競争してるのか謎だ。バカバカしくてやってられない」

 

もし、こんな苦しみを持っているなら、あなたの競争する事から来る疲れは、たとえ、ITや株で儲けたとしても消える事はない。残酷な事を言うようだけど、真実です。

だって、そうでしょ?、ITや株で儲けるためには、結局、意味の解らない競争に勝っていかなければいけないんだから。

 

だから、現代に生きる僕らは、労働に対する考え方を変えていかなければならないと思うんです。

どんなふうに変えるべきか?それは、もっと稼ぐ方法を模索するんじゃなくて、稼がないでも楽しく生きる方法を考えて行くという変化です。

競争しない生き方を探すんですよ。

 

大原さんが実践している生き方、働き方は、貧乏でも楽しく生きる、ハッピーライフ。まさに、稼がないでも楽しく生きる方法です。

そんなふうに考えてみると、大原さんに対して、単純に、世の中に乗り遅れている人、というマイナスの評価をするのではなく、「なぜ、年収90万円でも楽しく生きているのか?」という問いを持ち、大原さんの生き方から学んでいくべきなんじゃないでしょうか?

 

もちろん、「自分はさすがに年収90万円は無理」と思うならそれでもいい。

だったら、「年収150万円」だったらどうでしょう?「年収300万円」だったらどう?、「年収500万円」だったら?

 

こんなふうに、「自分はいったい年収いくらだったら、それなりに楽しく生きていけるのか?」という問いをもう一度、考える時なんですよ。

ガンガン遊ぶため、他人と比べてかっこ悪いからという、ソトズラの欲求を満たすために働かない、稼がない。

それよりも、稼ぎは少なくても、うつにならないで、健康的で毎日七時間の睡眠を取って、友達や恋人、家族との時間を大事に出来る。

そんな生き方、働き方のポイントが「年収90万円で東京ハッピーライフ」には書かれています。

 

最後に、大原さんの素敵な言葉をご紹介しましょう

 

進学とか就職とか、せなあかんことないですよ、ぜーんぜん

「なんでこんな辛い事せなあかんのか」って思ってるけど、退路絶たれまくって、しかたなく流れに乗ってるだけ、っていう人もいるんじゃないのかなぁ。

昨今の世間の、進学や就職へのプレッシャーってひどいもんですもんね。そこまで、追い込むかっていうぐらい。

 

(中略)進学や就職で悩んでいる人って、過度な競争に参加せず、かと言って自分で起業とかいう気分でもなく、もっとフツーでいいんだけど、どうすればいいのかわからない・・・ていう感じかもしれません。

だって、今の世の中、就職か起業か、ふたつにひとつ!みたいじゃん。極端すぎですよね。

Mr.競争みたいな人の話もいいんですけど、いい年こいて、ブラブラしているノーブランドの男の話も、たまには聞いてください

 

どうでしょうか?面白そうな本でしょ?、ぜひ、読んで、考えてほしい。

共に、楽しい、生き方、働き方を模索して行こうではないか?!

『本当の貧困じゃない!』と、叩いているだけじゃ貧困は無くならない。その事をどうか解ってほしい

貧困とは何か?  一億総貧困予備軍時代

f:id:kentaroupeace:20140523024608j:plain

今、NHKが放送した貧困女子高生についての議論が話題になっています。

知らない人のために、ちょっとだけ説明させてください。

事の発端は、こちらの記事を読むと、よく解ります。動画もあるので、ちょっと観てみてください↓

NHKが特集した貧困特集に登場した女子高生の「うらら」さんについて、実はお金には全く困っていないのではないかと囁かれ始めた。当の本人が豪遊している証拠をネット上にたくさんアップしていた。

【炎上】NHKに自称「貧困女子高生」が登場するも豪遊発覚。同級生も怒りの告発 | netgeek

この件に関しては、プロブロガーのイケダハヤトさん、NPO法人ほっとプラスの藤田さん、NPO法人自立サポートセンターもやいの大西さん、社会活動家の湯浅さん、ライター・作家の雨宮処凛さん、みわよしこさんなどがしっかりと意見を書かれています。

貧乏人は、お金の使い方を知らないから貧乏なのです。 : まだ東京で消耗してるの?

貧困の基準はどこにある?――「貧困女子高生」報道から考える - 大西連 / NPO法人自立生活サポートセンター・もやい (1/2)

「貧困女子高生」バッシングの無知と恥〜「ニッポンの貧困」の真実(大西 連) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160830/biz/00m/010/005000c

衣食住ある貧困 どこまで許容(2016年8月31日(水)掲載) - Yahoo!ニュース

「非の打ち所のない貧しい人」ってどこにいるの? 〜高校生バッシング、もういい加減やめませんか〜の巻-雨宮処凛がゆく! | マガジン9

「貧困女子高生」問題に関する私見(みわよしこ) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

どれも専門家ならではの鋭い意見が書かれているので、ぜひ、時間がある時に、読んで頂きたいと思います

で、こんなにもたくさんの有名ブロガーや作家・ライター、NPO関係者が声をあげてくれているので、僕はこの件について書かないでおこうと思っていました。

やはり、話題の中心にいる女子高生の生活に関わってくる事なので、むやみに盛り上げないほうがいいと判断したんです。

 

でもね、でもですよ、ツイッターとかネットを見てると、目に入って来るんですよ、その女子高生に対する中傷が。

もうね、その中傷がだんだんムカついて来たので、結局、書かせて頂きます。

まずは、上記に紹介した記事のほとんどに書かれている『絶対的貧困』と『相対的貧困』について、ご説明しましょう

まずは、これを理解しようとする事が最初のステップです

 

『絶対的貧困』と『相対的貧困』とは?

女子高校生は貧困状態にあるのか?ないのか?

この質問に対する正解と言える答えはあるのでしょうか?

作家のみわよしこ さんが解りやすく説明してくれています

 

「絶対的貧困状態にはないが、相対的貧困状態にある」が正解でしょう。

話題になった女子高校生のケースでは、主に問題になっているのは

「食うか食えないかという貧困ではないけれども、友人づきあいで『同じことを同じ回数は無理』が数多くあり、進路選択など多くの費用が必要な場面では、家庭の経済状況による制約が、どうしようもなく加えられる」

という相対的貧困です。

「食うや食わずや」、生死が問題になるような「絶対的貧困(1人1日1.9ドル以下での生活(2015年、世界銀行による)」ではありません。

「貧困ではない」の証拠とされた「友人たちとのランチ」「チケットのコンサート」「高価なペン(のセット)」といったものがスポット的に存在することが、まだ彼女の状況を相対的貧困の範囲に押しあげています。

それも不可能な状況になったら、バッシングした人々も、彼女を「貧困」と認めるのでしょう。

 

どうでしょうか?さらに、簡単に言うと、こういうこと。

食料がない、家がない=絶対的貧困

周囲の人達が出来ている事が出来ない=相対的貧困

父親がいなくて、母親しかいない。しかも、母親はアルバイト。

また、アニメの専門学校を金銭的な理由で諦めている、クーラーはなく、PCも買えない、などを考えてみると、間違いなく彼女は相対的貧困なわけです。

 

ここまで読んで、「そっか、「絶対的貧困状態にはないが、相対的貧困状態にある」という事なのかぁ~、どちらにしても貧困なんだから、簡単にバッシングするべきじゃないなぁ~」と、思った人は、次は読まなくてもいい。

でも、「納得できない、やっぱり、趣味にお金を使っている時点で、貧困じゃないでしょ?」と言う人は、ぜひ次も読んでほしい。

そんなふうに、考えてしまう事が、どれだけ危険な事なのか説明します

 

一億総貧困予備軍の時代

僕は、貧困をテーマに、このブログ、脱貧困ブログを運営して来ました。

なので、ふだん脱貧困ブログを読んでいる僕の友人から連絡が来て、今回のNHKの貧困女子高生について、こんなふうに質問されました。

「あの女子高生って、本当に貧困なの?」

この質問について、僕はこう返しました。

「彼女は貧困予備軍だと思う、僕が心配しているのは今回のバッシングで、趣味にお金を使う事すらも出来ないガチの貧困状態になってしまうのを心配しているんだよね」

どういう事か?解りますか?

 

僕は、あえて、絶対的貧困と相対的貧困を言葉に出さないで、絶対的貧困を貧困と呼び、相対的貧困を貧困予備軍と呼んでみたんです。

こうすると、人に話す時に、解りやすくなります。この解釈は、専門家の方は、きっと嫌がるでしょう。

でも、今回の本質をよく説明できるので、上記のような貧困予備軍という言葉を使っているんですよ

 

ちょっと考えてみてください。

あのNHKの番組で紹介された女子高生を貧困予備軍だとすると、何がきっかけでガチの貧困状態になってしまうか解りません。なぜなら、予備軍だからです。

たとえば、今回のバッシング。今回のバッシングで散々、叩かれた彼女は、もしかしたら、不登校になってしまうかもしれない。

最悪、うつ状態になってしまう可能性だってあります。

 

また、うつ状態になってしまうのは、女子高生だけではありません。

彼女の母親や姉もうつ状態になってしまうかもしれない。ネットで叩かれると、思っている以上に精神的なダメージが大きい。ありえる事です。

もし、そうなったら、どうなるでしょうか?

母親のアルバイトと姉の協力で、なんとかなっている彼女の学校生活が出来るかどうか怪しくなって来ます。

本格的に生活保護を検討しなければいけなくなる

繰り返しになりますが、趣味にお金を使えているとは言え、進学を諦めたり、クーラーが使えない状態である事を考えると、予備軍である事に間違いはない。

彼女やその家族は、もうすでに、生活保護が必要なガチの貧困状態にまであと数歩進むと、なってしまう状況にいるんです

だからこそ、バッシングをして、彼女とその家族を追い込んではダメなんですよ

バッシングには、何の意味も無い。解りますか?

あの女子高生に、「あまえは貧困じゃない」とか「甘えるな」とか、バッシングした人たちは、彼女の背中をドンと押して、生活保護が必要なレベルの貧困まで落とそうとしている事に気がついていないのか?、と声を大にして言いたい。

 

僕らは、もっと彼女やその家族を応援し、味方になって行かなければいけないんですよ

僕らに出来る事は限られています。しかし、ネットやSNSに書き込む時は、もっともっと、貧困を解決するためにはどうするべきなのか?という視点を持ってほしい。

バッシングするだけじゃくて!

なぜなら、今の日本は、貧困予備軍が大勢いる時代に突入しているからです

解決するにはどうするか?という視点を持っていれば、貧困予備軍であるあの女子高生をバッシングして、生活保護が必要なガチの貧困状態まで追い込むような事はしないはずです。そんな発想にはならないでしょ?

 

どうでしょうか?僕は友人に上記のような説明をしました。

ぜひ、じっくり考えてほしい。

共に、貧困を解決する視点を持って行こうではないか?!

ブログのネタに困っている人へ、ブログは読者と一緒に勉強する気持ちで書けばいい!

ブログ論  世界一やさしいブログの教科書  ブログを運営するために書き出す3つのこと

f:id:kentaroupeace:20160804175853j:plain

今日はブログ論をお届けします。

僕はかれこれ二年近くブログを書いて来ました。

 

二年近くブログを書いていると、時々、記事を読んでくれた方に喜んでもらえたり、感謝されたりすることがあるんです

これは、本当に嬉しいこと。僕は、この喜びを多くの人に味わってほしいと思い、イベントや飲み会で会う人会う人に、「ブログ書いたほうがいいですよ、面白いですよ」と、オススメしています。

 

しかし、ほとんどの人が「じゃあ、書いてみますね」と、その時は言っても、いつまでも経っても書かない

まぁ、べつに、書かなくても生活に支障はないので、いいんですよ(笑)

でもね、いつまでも書かない人に限って、「あなたの話しを聞いて、ブログに興味持ちましたよ。書きたい気持ちはあるんです」とか言うんですよ(笑)

「何でだろう?」と、疑問に思いました。そこで、またその人に会う機会があったので、思いきって、こんな質問をしてみたんです。

「書きたい気持ちがあるのに書けないのは何が原因だと思いますか?」

 

すると、こんな答えが返って来ました。

「専門家じゃないので、ネタがないんですよ」

「あぁ~、それかぁ~」と、思いましたよ。専門知識がないとブログは書けないと思ってる人って、けっこういるんです

しかし、本当はブログを書くのに、専門知識なんていりません。

いや、正確に言うと、今、専門知識がなくてもブログを書きながら読者と一緒に勉強して行けばいいんです

どういう事なのか?ちょっと説明しましょう。

 

ブログを運営するために書き出す3つのこと

最近、染谷昌利さんが書いた「世界一やさしいブログの教科書」という本が発売されました。

染谷さんは、ブロガーなら誰もが知ってる『ブログ飯』の作者ですね

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 この本には、ブロガーが忘れちゃいけないアドバイスがたくさん書かれています。

とくに、僕が注目したのは、本に書かれていた『ブログを運営するために書き出す3つのこと』です。

 

1・自分の好きなこと(得意なこと)を書き出す

2・自分の過去の経験を振り返り、できることを書き出す

3・興味の強い事項、学びたい事を書き出す

 

上記の3つがブログを運営するために書き出すこと。

いかがですか?すでに、ブログを書いている人も一緒に1・2・3を考えてみてください。

おそらく、長くブログを書いている人は、1・2・3の複合型でしょう。雑記ブログってやつですね。

 

んで、1の自分の好きなこと(得意なこと)と2の自分の過去の経験を振り返り、できることを考えて、バンバン書き出せちゃう人は、それならそれでまったく問題ありません。

どんどん記事を書いて、ブログを楽しんでほしい。

しかし、1も2もぜんぜん書けなかった。

「ていうか、俺(私)には、好きな事も得意なこともないし、人に自慢できる過去の経験もない。俺(私)は凡人なんだぁ~」と、嘆く人がいるかもしれません。

でも、絶望するなかれ!、そんな人のために、3の興味の強い事項、学びたい事を書く、という項目があるんです

染谷さんは、こんなふうに書いています。

 

現在の自分自身の経験にどうしても自身が持てないのであれば、これから読者と一緒に学んでいくというブログの運営スタイルも考えられます

私が運営している「Xperia非公式マニュアル」は、まさにこの形態で、当時発売されたばかりで使い方がまったくわからなかったAndoroidスマートフォンの使用方法の解説と、役に立つアプリの紹介をメインのテーマに捉えました。

今の自分ではわからないことも、読者と一緒に試行錯誤し成長したさまを記事として提供することで、十分に価値のある内容になります

 

どうでしょうか?今、得意なこと、好きなことが無くても、なんとなく興味のある事ならあるんじゃないですか?

実は、このブログ、脱貧困ブログも3のタイプなんです

たまに、勘違いされますが、僕は貧困問題の専門家ではありません。

素直に言うと、まだまだ知らない事がたくさんあります。

なので、時々、貧困問題、生活保護の事で質問して来る読者の方がいるんですが、そんな時は、本を読んだり、ネットで調べたり、詳しい人に聞いたりして答えているんです。

でも、それでいいんですよ。

脱貧困ブログは、僕が読者と一緒に試行錯誤し成長して行く事を目的に書かれています。

僕が一方的に知識を伝えるために書いているんじゃなくて、逆に読者の方々から学ぶために書いているんです。

それが、長続きするブログのコツなんですよ。専門家じゃなくてもいい。学んで行けばいい。そして、その学んだ事を書けばいいんです!

どうでしょうか?ブログに書くネタがないと嘆く人は、ぜひ参考にしてみてください。

共に、ブログを書きながら学んで行こうではないか?!

貧困とは三つの無縁と三つの障害から生まれる事をはっきりさせたいと思う理由

貧困とは?  三つの無縁と三つの障害  自己責任論

f:id:kentaroupeace:20160822205714j:plain

そもそも貧困とは何か?(中略)。僕なりの考察では、人は低所得に加えて「三つの無縁」と「三つの障害」から貧困に陥ると考えている。

 

これは、「犯罪現場の貧困問題」を書き続けるルポ・ライター・鈴木大介さんの言葉です。

ベストセラーになった『最貧困女子』のまえがきに書かれています。

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

  

実は、つい最近、『最貧困女子』を読み返したんですね。で、読んでいる途中にある想いがふつふつと湧き上がって来たんです。

その想いとは、まえがきに出て来る、低所得に加えて「三つの無縁」と「三つの障害」から貧困に陥る事をもっと多くの人に知らせるべきだ、というものです。

 

何でそんなふうに思ったか?それは、低所得に加えて「三つの無縁」と「三つの障害」から貧困が生まれている事を多くの人に知ってもらえば、「貧困当事者に対する自己責任論」を減らせると思ったからなんですよ。

また、高価なモノを持っているから貧困じゃない、という意見もそもそも貧困とは何か?の定義があいまいだから起きる批判なんじゃないか?と思うんです。

 

ちなみに、『自己責任論』とは、簡単に言えば、何か困っている人がいたら、その困っている事をすべて、その人自身の責任にする、という考え方です。

皆さんもネットやテレビなどで、見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?

たとえば、生活保護利用者に対する、こんな自己責任論。

「戦時中じゃあるまいし、今の日本に貧困なんてあるわけない、生活保護を使うのは怠けているだけだ!」

一見、説得力があるような気がします。もしかしたら、この記事を読んでいる読者の方の中にも、「その通りじゃないか、何も間違ってない」という意見の人がいるかもしれない。

 

しかし、そんな時、ちょっと立ち止まって、「三つの無縁」と「三つの障害」を考えてほしい。

あなたが今、貧困じゃないのは、「三つの縁」があって、「三つの障害」が無いからなんです。

それに、一見、貧困じゃないように見える人でも、よく話しを聞いてみると、「三つの縁」が無くて、「三つの障害」がある人かもしれない

「三つの無縁」と「三つの障害」が隠れていて、見えていないだけかもしれません。

その場合、僕らは、その人の表面的な部分だけじゃなく、見えてない裏の環境にまで目を向けなければいけないんです。

では、三つの無縁と三つの障害とは何か?ちょっと説明させてください。

 

三つの無縁と三つの障害とは?

鈴木さんは言います。

 

『三つの無縁』とは、『家族の無縁』、『地域の無縁』、『制度の無縁』だ。

 

『家族の無縁』とは、困った時に頼れる家族、親族がいないこと

親も貧困であれば頼る術はそもそもないし、貧困家庭に育つことは教育というその後の所得を保証する(最近は保証しないが)自己資産を得られない事にも繋がる。

 

『地域の無縁』とは友達の無縁とも置き換えられるが、苦しい時に相談したり助力を求められる友達がいないこと。

 

『制度の無縁』とは、そもそも生活保護の捕捉率が非常に低いことに代表されるように、社会保証制度の不整備・認知度の低さ・実用性の低さのこと。

 

どうでしょうか?シンプルだけど改めて確認してみると、貧困状態じゃない人は三つの縁のうち、必ずどれか一つは持っているんじゃないですか?

だから、あなたは貧困を免れているんですよ。

また、「家族の無縁」のところで、鈴木さんは例として、生まれた家庭がそもそも貧困である可能性を指摘しています。が、僕は貧困家庭ではなかったとしても、無縁になってしまう危険性があると思うんです

それは、ズバリ、虐待です。

虐待は肉体的な虐待と精神的な虐待があると思いますが、どちらにしても、縁が切れてしまう可能性が非常に高い。たとえ、お金がある家庭で育ったとしても、虐待される家庭の中にいれば、家族の無縁を生み、貧困状態の人をつくる事になると思っています。

大事なポイントなので、補足しておきました。

 

さぁ、次に、三つの障害を考えてみましょう。

 

三つの障害については『精神障害発達障害知的障害』と考える

これを挙げることは差別論にも繋がりかねないので慎重を要するが、これらの障害は、「三つの無縁」の原因ともなっている。無視できない問題だ。

 

うつ病や総合失調症などの精神障害は安定した就業を不可能にするばかりか、ケアの難しさから三つの縁を遠ざける。

ADHD自閉症スペクトラムアスペルガー症候群等)等の発達障害もまた、理解されずらいパーソナリティが精神障害と似た「支援の斥力(せきりょく)」となる。

知的障害は法区分では精神障害に入るらしいが、療育手帳取得に至らないような軽度、ボーダーラインのものも含め、やはり安定した職や支援者に繋がらない要因となる。

 

さぁ、どうだったでしょうか?あなたには、「3つの縁」がありますか?「3つの障害」がありますか?

よくよく考えてみてください。

共に、自分や他者の「3つの縁」と「3つの障害」を考えられる人になろうではないか?!