読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

失敗が怖い人は失敗ありきで何でもやっちゃえば良いと思う!命、取られるわけじゃないから!

貧困問題 再チャレンジ  価値観の変換

f:id:kentaroupeace:20140831193031j:plain

貧困状態の方はもちろん、今の自分に自信がないと嘆く人は、何かをする、何かをはじめる事で自信を取り戻そうとするものです。

たとえば、まったくお金が無くて、頼る人もいない状態なら、生活保護を考える人もいるでしょう。

めでたく生活保護を受給したとしても、次に大きな課題が待っています。

それは、再就職、職探しです。

 

再チャレンジはめちゃめちゃ怖い!

 

「さぁ、生活保護を受給したぞ、しっかりとした仕事を探して、もう一度、人生をやり直す、そして、好きな人をみつけて結婚するんだぁ!」

そんなふうに、意気込んでハローワークに行く方もいると思うんです。

しかし、言いようのない不安、恐怖が襲って来ます。

「もしかしたら、また同じ失敗をするかもしれない」という恐怖で現状から抜け出せない方が多いんです。

貧困状態になってしまう方は、これまでに数々の失敗を経験してきました。

その事で、ヒドイ虐めにあったり、何度も何度も怒られるうちに、逃げるように仕事を辞めてしまう人がたくさんいる。

「俺(わたし)は覚えの悪いバカなんだ」と、自分を責めている人もいるでしょう。

 

この気持ち、僕、めちゃ解るんです。

もちろん、人それぞれなので、簡単に解るなんて言っちゃいけない事は十分、承知しています。

ただ、どうしても解るって言いたくなってしまうんですよねぇ~

という事で、今日は『失敗して来た人の気持ちが解る』という前提で話しを進めさせてくださいね(笑)

 

やっぱり、僕も数々の失敗して来ました。

自他とも認める不器用男なので、他人からたくさん叱られ、怒られて来たんです。

何度も何度も再チャンレジして、同じ失敗をして落ち込む。

その繰り返しで、結局、何もしないままで良いと思ってしまう。

 

このままだと、同じところをグルグル回っているだけで、前に進んでいる気がしない。

焦りますよね?

そこで、僕は根本の考え方を変えてみました。

180度、発想の転換です。

 

失敗ありきで何かをはじめる!

 

ズバリ、失敗ありきで何かをはじめる事です。

「おまえ、何言ってんだよ!、失敗しないようにやれよ、ボケ!」と、怒り出した人がいるかもしれません。

確かに、怒り出したくなる気持ち、解ります。

だって、多くの方は、失敗しないと思う人に仕事の依頼ってするものですもんね

でもね、断言するんですけど、僕は失敗するんです(笑)

もっと言うと、『失敗しないようにしなきゃ』と思えば思うほど、失敗するんです。

だから、そもそも失敗ありきで、はじめてみる。

 

もちろん、いい加減にやるつもりはありません。

一生懸命に成功させようと思ってやってるんですよ。

でも、身体全身、不器用な人って言うのは、一生懸命にやっても失敗するんです(笑)

 

なので、最初から失敗に対する心構えを作っておく

むしろ、失敗したら、どんなふうに改善するか、どんなふうに修正するか、それをしっかり考えておくと上手く行きます。

もし、失敗する事で人に嫌われたら、「まぁ、仕方ないかぁ」ぐらいに考えておきましょう

べつに、命に関わる事じゃありません(笑)

この記事とセットに、下の記事も読んでおくと、気楽に前進できると思います。


自分には向いてる仕事がないと嘆く若者にオススメ!仲暁子氏『ココロオドル仕事を見つける方法』を読むと良いよ♪ - 脱貧困ブログ

 

宜しければどうぞ!