読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

発達障害を知らないで貧困問題は語れない理由

発達障害 ADHD アスペルガー症候群

f:id:kentaroupeace:20170117182350j:plain

貧困問題と発達障害は深く関わっています

もっと言うと、貧困問題の現状を知りたいなら、発達障害を勉強しなければ知る事が出来ない、と言ってもいい。

少しでも貧困問題を勉強しようとした人なら、気がついているはずです。

 

どういう事か?、ちょっと説明してみましょう。 

 3つの溜めがあるか?

 発達障害がなぜ貧困問題と関わっているのか?

それは、当ブログで何度か紹介した貧乏と貧困の違いを知ると関係性がよく解ります

貧乏と貧困の違いとは何か?

主に、3つの溜めがあるかないか?によって、判断されます

3つの溜めとは、金銭の溜め、人間関係の溜め、精神的な溜めです

一つ一つ説明しましょう。

 

その1・金銭の溜め

もし仕事が無くなったり、何らかの理由で家を出なければいけなくなっても、自分に数年間暮らしていける貯金があれば、とりあえず安心です。

金銭の溜めとは、貯金のこと。

 

その2・人間関係の溜め

では、その金銭の溜め(貯金)が無い場合はどうするか?

その場合、あなたの人との繋がりを使ってほしい。

たくさんの人脈、友達がいれば、もし仕事や住むところが無くなっても、問題ありません。

友達が家に泊まらしてくれるかもしれないし、知り合いが仕事を紹介してくれるかもしれません。

人間関係の溜めとは、人脈の事です。

 

その3・精神的な溜め

精神的な溜めとは、簡単に言えば、「自分はやれる」という自信です

どんなに経済的にピンチでも、「自分は今まで何度ものり越えて来たから大丈夫だ」と、思えるなら、あなたには精神的な溜めがあるということ。

 

どうでしょうか?、3つの溜め、ありましたか?

この3つの溜めのうち一つでもあれば、今のところ、あなたは貧乏であっても、貧困ではありません

あくまで、今のところですが・・・

さぁ、これが、貧乏と貧困の違いです。

ここまで読んで頂いた方の中で、こんな疑問を持たれた人がいるかもしれない。

「ちょっと聞くけど、3つの溜めが一つもない人なんているの?」

いるんです、発達障害を持っている人は、3つの溜めが無い人が多い

なぜ、発達障害を持っている人は、3つの溜めを無くしてしまうのか?

それは、発達障害の方が持っている症状が原因なんですよ

 

3つの溜めを遠ざける発達障害の症状

発達障害の中でも有名なADHDアスペルガー症候群の症状を見てみましょう。

h-navi.jp

上記のWEBサイトを参考にさせて頂きました

ADHDには「多動性」「不注意」「衝動性」の3つの症状があり、原因はまだ明確にはなっていないですが、脳の前側にある前葉前野付近の働きの障害が関係していると考えられています。

 

アスペルガー症候群には「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」の3つの症状があり、自閉症と同じ自閉スペクトラム障害(ASD)の一種とされています。

脳の前頭葉の下前頭回などの社会的な活動をするための脳の部位に機能異常があるといわれています

 

どうでしょうか?、これらの症状が3つの溜めを作ろうとする言動を邪魔してしまうんです

もちろん、すべての発達障害の方が3つの溜めを持っていないわけではありません。

私の友人のアスペルガー症候群ADHDの方達は、みんな2つ目の「人間関係の溜め」を作るのが上手いんです。

しかし、そんな友人達は、「人間関係の溜め」を作るために、勇気を振り絞って、今の人脈をコツコツ作って行ったんだ、と思うんですよ。

 

そうなると、勇気を出せなかった人達、自分の症状を受け止められずにうつになってしまった人達はどうなるのでしょうか?

そうなんです、その場合、どんどん3つの溜めが無くなって、貧困に近づいてしまう

私が貧困問題と発達障害は深く関わっている、と言ったのは、そんな理由からだったんです。

 

当事者と関わって行くこと

ここまで読んで、さらにこんなふうに思った人がいるかもしれません。

「言いたい事は解ったけど、どうする事も出来ないじゃん!、しょうがなくねぇ?」

 

うん、うん、そう思う気持ちよく解る。

でも、そんな人には、スラムダンク安西先生の名言を贈りたい

諦めたら、そこで試合終了ですよ

 

諦めないで、発達障害の事を勉強する事から始めましょう。

本を読んで、実際に当事者と話しをしましょう

それが、最初の一歩です。

 

そして、もし当事者の方がこの記事を読んでいたら、2つ目の「人間関係の溜め」を作る事から始めて欲しい。牛歩でも構いません。

どうしても生活が苦しくなったら、障害年金生活保護を検討しましょう

発達障害で障害年金はもらえるの? | 新潟障害年金相談センター

特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい | もやいは、 自立をめざす生活困窮者の 新たな生活の再出発を お手伝いします。

国民の権利です。恥ではありません。

共に、発達障害を知って行こうではないか?!