脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

貧困当事者は自分に厳しい人達です、間違いない!

f:id:kentaroupeace:20170126022145j:plain

貧困当事者は自分に厳しい人達です。

こんなふうに言ったら、どう思いますか?

 

「いや、いや、貧困当事者の人達は自分に甘いから貧困になったんでしょ?、もし自分に厳しい人達だったら、なんとかして貧困から脱出する方法を考えるでしょ?」

もしかしたら、こんなふうに思う人が多いかもしれません。

 

しかし、私は逆だと思うんですよ。

なぜ、貧困当事者は自分に厳しい人達だと思うのか?

今回は、その理由をご説明しましょう

 助けてと言わない人々

たとえば、ホームレスの人達の事を考えてください。

12月、1月のめちゃくちゃ寒い時期に、路上で生活しています。

そして、7月になると、夏のくそ暑い日々の中で生活して行かなければいけない。

もう、この時点で、だいぶ自分に厳しいと思いませんか?

 

こんな事を言うと、またも反論してくる人がいる気がします。

「それは違う。自分に厳しい人って言うのは、いろいろある選択肢の中から困難な道をあえて選ぶ人達だと思う。ホームレスの人達は、路上生活しか選べなかった人達って事でしょ?状況が違うじゃん」

 

ところが、ホームレスの人達は、わりと早急に路上生活から脱出する事が出来ます。

生活保護を使うんです。

 

罪悪感とプライド

生活保護は住所が無くても申請できるんです

確かに、「居宅保護の原則」と言って、基本的には住所が無ければ申請できません。

しかし、生活保護を申請しに行った、その役所に「現在地」として住所を申請する方法があるんです。

今いる役所に「現在地」として申請すると、そこが自分の仮の住所として活用できるようになるんですよ

だから、ほとんどのホームレスの方達が、「現在地」申請をして、生活保護を使う事が出来るんです。

詳しくは、以下の本をご覧くださいね

路上からできる生活保護申請ガイド〈2012年度版〉

路上からできる生活保護申請ガイド〈2012年度版〉

  • 作者: ホームレス総合相談ネットワーク
  • 出版社/メーカー: ホームレス総合相談ネットワーク
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
路上からできる生活保護申請ガイド―生活保護申請書付

路上からできる生活保護申請ガイド―生活保護申請書付

  • 作者: ホームレス総合相談ネットワーク
  • 出版社/メーカー: ホームレス総合相談ネットワーク
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る 

 

さぁ、そうなると、ホームレスの人達がいかに自分に厳しいか、が解って来ます。

きっと、多くの貧困当事者を支援するNPO団体が、夜回りなどで、ホームレスの人達に「住所が無くても生活保護を使う方法」を伝えているはずです。

しかし、ホームレスの方達は生活保護を使っていない。今も寒い路上で生活している。

 

なぜなのか?

理由は大きく分けて、二つあると思っています。

一つは、「税金を使わせるのは申し訳ない」という罪悪感。

二つ目は、「人様の世話にはならない」というプライドです。

 

私は、いい加減で、自分に甘い人なので、もし路上で生活する事になったら、速攻で生活保護を使います。

今まで税金を払って来たんだから、堂々と使わせて頂く。

願わくば、ホームレスの人達には、罪悪感とプライドを捨てて、すぐにでも生活保護を使ってほしい。もっと自分に甘くなっていい

 

これだけホームレスの人達に、罪悪感とプライドが蔓延してしまったのは、ある意味、「貧困当事者は自分に甘い」という誤解が世の中に広まっているからです。

ですので、こんな記事を書いてみたくなってしまいました。

共に、誤解を無くして行こうではないか?!

広告を非表示にする