読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

自己中心的な人が嫌いなあなたへ、あなたも自己中になっちゃえばいい!

自己中のススメ 脱貧困と自己中

f:id:kentaroupeace:20170223021601j:plain

自己中心的な人に会った事がありませんか?

「ある、ある、あういう人、本当に自分の事しか考えてなくて、ムカつくよね」

「会った事あります、ていうか、周囲にいる奴らは自己中ばかりです。いつも自分があいつらの後処理をしています」

 

きっと、こんなふうに答える人がいるでしょう。

お気持ち解ります。自己中な奴って、本当にムカつきますよね?

どうやったら、自己中な奴らを撲滅する事が出来るんでしょうか?

 

私から提案があります。

あなたも自己中になってみませんか?

そうすれば、自己中な奴らに振り回されないようになります。

「いや、話し聞いてた?、俺(私)は自己中な奴らが嫌いなの!、何で嫌いな奴らと同じにならなきゃいけないんだよ」

今、こんなふうに、つっこみたくなっちゃったでしょ?

でもね、私は自己中な奴らに振り回されない方法は、自分も自己中な奴になっちゃうことだ、と断言します。

なぜ、そんなふうに思うのか?、じっくりご説明しましょう。

 人にイラつく時の感情

 そもそも、誰かにイライラしている時、ムカついている時、私達の心はどんな感情になっているのでしょうか?

私が思うに、羨ましい、ズルい、という感情です。冷静に考えてみてください。

誰かが自己中心的な態度でいても、自分が損していなければイラッとする事はありません。

私達が自己中な奴らにイライラするのは、「自分だけが我慢している」という感情に支配されるからです。

 

たとえば、私が小学生の頃、こんな事がありました。

掃除当番の時の事です。私が卒業した小学校では、クラスの中でグループを作って、当番制で教室の掃除を担当していました。

きっと、この記事を読んでいるあなたの小学校もそうだったと思います。

で、ある日、私のグループが掃除をする日だったので、いつものように掃除していました。

ところが、突然、私のグループの一人の男の子が「もう、めんどくさい」と言って、掃除をさぼって、遊びに行ってしまったんです。

しかも、その男の子の影響で、他にも、さぼり出す人が出て来てしまったんですよ。

さぁ、どうしましょう?、まさに、自己中心的な男の子です。

あなたならどうしますか?

 

自己中への道

選択肢はいくつかあります

一つ目は、先生に報告する

二つ目は、我慢して残った人だけで掃除する

三つ目は、自分もさぼって、遊びに行く

 

私が取った行動は、一つ目と二つ目でした。

結果的に、さぼった男の子とその仲間達は、先生に叱られ、しぶしぶ掃除を再開しました。

当時の私は、そんなさぼった自己中な男の子達が先生に叱られたのを見て、「ざまあみろ!」と、すっきりしました。

しかし、今なら、私は三つ目の自分もさぼって、遊びに行くを選択します。

それも、中途半端にさぼらないで、私のグループ全員でさぼります(笑)

なぜなら、掃除さぼり組が楽しく遊んでいる間、残った掃除やる組は、ずっとイライラしていたからなんです。

「あいつらズルい」、「マジでムカつく」とか言いながら、しぶしぶ掃除をしていました。

でも、そんなイライラするぐらいなら、さぼっちゃえば良かったんですよ

その方が楽しい思い出になったはずなんです

どちらにしても、先生にみつかるんだから(笑)

 

脱貧困するために自己中になる

もちろん、自己中=犯罪は問題です

でも、犯罪にならないぐらいの自己中なら、自分のストレスマネジメントとして重要だ、と思うんですよ

それに、自己中になる事は、当ブログのテーマである『脱貧困』と深く関わっています

 

貧困になってしまう人の中には、いいひとが多くいるんです

それも、単にいいひとじゃなくて、都合のいいひとになってしまう人が多い。

頼まれたら断れない人、人を信用し過ぎて騙される人。

そんな人がいつのまにか貧困になってしまう。

 

だから、意図的に、自分の気持ちを優先する「自己中」になる必要があるんです

共に、素敵な自己中になろうではないか?!