読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

自分がやりたい事が本当にやりたい事なのか知りたいなら、ブログを書いてみればいい!

 

皆さんは、何かやってみたい事、実現したい事ってないですか?

たとえば、僕だったら、貧困に苦しむ人を支援したいという想いがあります。

 

社会問題に対して何かしたい。

べつに、そんなに大袈裟じゃなくても、歌手、芸人になりたい人は自分のライブ告知、イラストレーターになりたい人は自分の展示会告知などがあると思うんです。

 

そうやって、自分が何かやりたい事をしたい時、必ず問題になる事があります。

それは、「どうやって宣伝するか?」

やっぱり、これは重要課題です。

 

僕はこの課題に対しては、はっきりしているんですよね。

ズバリ、ブログを書くこと。これしかありません。

 

先日、友人にこんな事を言われました

「ブログが宣伝活動になる人はごく一部の人だけだよ!」

う~ん、言いたい事は解ります。

 

詳しくは聞かなかったんですが、たぶん友人が言いたかったのは、こういう想いだったと思うんです。

「30万PVとか100万PVとかを稼げる人は、ごく一部の人なんだから、自分たちみたいな凡人が書いても意味がない。

だから、何かやりたい事があるなら、自分がやってみたい団体に参加したほうがいい、自分一人では限界がある!」という事だと思うんです。

 

まぁ、確かに解ります。

その友人の言う通り、30万PVとか100万PVとか稼げる人は、ごく一部だとは思う。

もっと、はっきり言っちゃうと、物凄く身内のためだけのブログになってしまうんじゃないか?という意見だと思うんです。

 

でも、それは、そもそもブログに対する価値観が違う。

ここで、また、あの方の本をご紹介させてください。

f:id:kentaroupeace:20140308211632j:plain

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」です。

 

「またかよぉ~、おまえただのイケダハヤトファンじゃねぇかよ」という厳しいツッコミは覚悟しています(笑)

でも、やっぱり、この本は参考になると思うんですよ。

 

最も、参考になる言葉を紹介致しましょう。

「ブログというのは、宝くじのような一発あてるビジネスではなく、こつこつと畑を耕すような、ストック型のビジネスであることをぜひ覚えておきましょう

その意味で、ぼくはよく、ブログは農業のようなものだ、というたとえを用いています。僕らは農民なのです」

 

これです!

要するに、「ブログは宣伝活動にはならない」と言う人は、この言葉を理解していないんですよ。

畑を耕さずに、すぐに結果を求めているって事なんですよね。

農民になっていない。

それが、そもそもブログを書くときの脳みそじゃないと思うんです。

 

自分がやりたい想いが本物なら、熱い想いがあるのなら、きっと、雨の日も風の日も畑を耕し続けられるんじゃないでしょうか?

逆に言えば、自分のやりたい事が本当にやりたい事かどうか知りたいなら、ブログを書いてみたらいいと思うんです。

 

もし書き続けられないなら、あなたのやりたい事は本物じゃないんです!

これは、わりと重要だと思っています。