脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

ひきこもりの子供を持つ親御さんに告ぐ、「このままじゃダメになるよ」と、言っちゃダメです!

最近、日本の教育が脅し型だって事に気がつきました。

「こいつ突然、何を言い出すんだ?」と思ったかもしれませんね。

でも、幼少の頃や学生時代を思い出してみると、確かにそうだったなって事に気がつくと思うんですよ。

 

「こんな成績じゃあの学校へは行けないよ」

「将来のために、ちゃんと勉強しておきなさい」

これって、脅しですよね?

こんな言葉を多かれ少なかれ言われ続けて来たのが、僕らの人生だったように思うんです。

 

でも、これは、本当は異常事態です。

だって、つねに、「この先を心配しろ!不安になれ!」って言われているようなものなんですから。

何でこんなにも、『この先、いろいろ楽しい事もあるよ、やれるだけやってごらん』と、アドバイスする人が少ないのか?僕は子供の頃から不思議で仕方なかったんです。

 

「将来を心配されるって事は、人より歩みが遅い奴らなんでしょ?、だったら、希望を持たせたら可哀そうじゃん、現実を見なきゃ!」と、大人のあなたは思うかもしれない。

しかし、僕は違うと思うんです、はっきりと。

なぜか。それは、世の中には、プレッシャーや悔しさをエネルギーに変える人と楽しさ、喜びをエネルギーに変える人がいると思うからです

 

プレッシャーや悔しさをバネに出来る人は、脅し型の教育でいいでしょう。

でも、楽しさ、喜びだけをエネルギーに変える人は、脅し型は逆効果なんです

 

楽しさ、喜びを求める人達とは、ニートや心の虚弱体質さん、そして、ひきこもりの人達です。

僕は、彼らに脅し型の教育はもったいないと思っています。

教育の仕方、アプローチの仕方を変えれば、彼らは一気に開花する可能性があるからなんですよ。

 

それは、歴史が証明しています。

たとえば、トーマスエジソン

彼なしでは、20世紀の科学は成り立たたないほど、偉大な科学者です。

しかし、かなりの変わり者でした。学校では落第生。

でも、母親の教育の仕方、アプローチの仕方が良かったから、エジソンは歴史に名を残す偉人になる事が出来たんです。

エジソンの母親は、脅し型の教育じゃなかったんですよ!

 

もし、この記事を読んでいる人の中に、子供がひきこもりで悩んでいる親御さんがいたら、ぜひ脅し型の教育、アプローチを辞めてみてください!

 

あなたは、『追いつめてこそ、力が発揮できる』と思っているかもしれません。

それは、違います。

ニートや心の虚弱体質さん、ひきこもりの人達は、『失敗してもいい』、『何度でもやり直せる』と思うから、前に進めるんです

この事を忘れないでください。

 

そして、貧困男子、女子予備軍である彼らが生きやすくなれば、自ずと、貧困に寛容な社会が生まれるのではないか?と思っています。

広告を非表示にする