読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

自分に優しく、人にも優しくが一番良いと思うたった一つの理由

f:id:kentaroupeace:20150805172646j:plain

by:bdogggut34

人は、つねに理想の自分を想い描いて生きています

「仕事がバリバリ出来る人になりたい!」という仕事に結びつく理想を掲げる人もいると思いますが、今日、考えたいのは、もっと広い意味、生き方、価値観のお話しです。

皆さんにも、はっきりと想い描いているわけではないけれど、「こんな人になりたい!」、「人とこんなふうにコミュニケーションしたい!」という漠然とした目標があると思います。

解りやすく言うと、生き方のモットーみたいなものですね。

今日は、生き方のモットーについてです。

 

自分に厳しく人に優しくをモットーにしていた

自分に厳しく人に優しくという言葉があります。

カッコイイ言葉ですよね?仕事やプライベートの人間関係で、自分に厳しく人に優しくをモットーにしている人を見ると、惚れ惚れします。

まず、自分に厳しくしているので、仕事で何か問題が起きても人の責任にしません

たとえば、後輩が仕事で何かミスをしたとしましょう。

そんな時、自分に厳しく人に優しく主義者は、後輩をこんなふうにフォローします。

「俺(私)の教え方が悪かったよね、もう一度、やってみよう!」

カッコイイ!なんてカッコイイだぁ~(笑)

 

実は、僕、そんなカッコ良さに憧れて、20代前半の頃、自分に厳しく人に優しくを目指していました。

でもね、半年ぐらいで、あっさり挫折です

理由は、ストレスが異常に溜まるから(笑)。考えてみれば、当然ですよね。

人がミスしても、人を責めないで、まず自分が出来る事を考える。

イライラしたり、カッとなったりしないで、自分が出来る事を考えて行く

生き方としては、カッコイイけど、胃がキリキリして来て、とても継続出来ません。

やっぱり、自分に厳しく人に優しくをモットーにして行くには、精神的に強くならなきゃいけないんですよね。

それも、精神的に打たれ強いというレベルを超えた異常な強さが必要です。信仰心と言ってもいい。

自分には、とても無理。「俺って、弱い人間だよなぁ~」と、落ち込みました。

しかし、無理だったのは、僕だけではなく周囲の人達も同じようでした。

皆さんが日常生活を送る中で、自分に厳しく人に優しくをモットーにしている方に会った事がありますか?

おそらく、会った事はない、と答える人がほとんどでしょう。

もし会った事があるなら、その人はかなりのストレスを抱えている可能性があります。

そんな事を考えて行くと、僕はある一つの結論に辿り着きました。

自分に厳しく人に優しくをモットーにする人は、絶滅している

これです。やっぱり、自分に厳しく人に優しくは難しい。

解りやすく言うと、マザーテレサとかダライ・ラマぐらいの、しっかりとした信仰心が無ければ、とても無理だという事に気がついたんですよ(笑)

今でも一見すると、自分に厳しく人に優しくをモットーにしている人に出会う事があります。

しかし、よく観察していると、単に人に嫌われるのを怖がっていたり、気が弱いだけだったりする。

やっぱり、絶滅していると思えてなりません。

そのかわり、最近、よく見かけるのは、自分に厳しく人にも厳しくする人達です。

 

自分に厳しく人にも厳しい人が多い時代

これは、ブログやネットをよく見る人は、感覚的に理解できると思うんです。

まず、人のミスや失敗に、物凄く厳しい。そして、人を批判しているので、仕返しされないように、自分のミスにも厳しくなります

この人はこの人で、かなりカッコイイ!

ただ、僕は疲れるので、自分に厳しく人に厳しくは無理なんです

 

自分に優しく人にも優しくが気楽で良い!

30代になった今、僕のモットーは、自分に優しく人にも優しくになりました。

結局、これが一番良いです。理由は簡単。

自分と人を責めなくていいからです。もちろん、仕事をしていて、何か問題があれば、誰の責任だったのか?という事が重要になります。

でも、そんな時でも、自分が出来た部分をちゃんと認める。そして、後輩や同僚が出来た部分もちゃんと認める。

これがイライラしなくて、一番良い事に気がついたんですよね。

さて、どうでしょうか?あなたのモットーは何でしょうか?

共に考えてみようではないか?