読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

100%のいいひとになるな!本当のいいひとは利用されるので辞めておけ!

f:id:kentaroupeace:20151119021643j:plain

by:payalnic

僕は時々、人に「とてもいいひとですね」と、言われる事があります。

中には、「あなたは仏様のようだ」、と褒めてくれる人もいるぐらいです(笑)

仏様といっしょにされるのは、とても光栄ですが、そんな事を言われるたびに、自分に言い聞かせている言葉があります。

それは、「本当にいいひとになるなよ!利用されるぞぉ!」という言葉です。

皆さんは、この言葉を聞いて、どんなふうに思ったでしょうか?

「えぇ!おまえ、いいひとのふりだったのかよ!ガッカリしちゃったよ!」

「読者を騙してたのか!けしからん!」

もしかしたら、そんなふうに怒りだす人がいるかもしれませんね。

しかし、そんな人に一言言いたい!

「いいひとのふりしてるに決まってるでしょ?!ていうか、本当に100%いいひとなんているわけないでしょ!本当にいいひとは利用されるだけだぞぉ!」

こんな事を言うと、またも怒りの声が聞こえて来そうです。

「だったら、何でわざわざいいひとのふりをするんだよ、そのままでいいじゃないか?!」

ですよね、そこ気になりますよね。今日は、なぜ僕が戦略的にいいひとのふりをするのか?

本当にいいひとをやると利用されるから危険である、という事について語ってみたいと思います。

 

利用されたバイト仲間のいいひと君

僕は7年間、チラシ配布のバイトをやっているんですが、長い間やっていると本当にいろいろな人に出会います。

中でも、印象に残っているのが、いいひと君です。本当にいいひとだったので、いいひと君と名づけました。彼は、バイトの現場がいっしょになると、必ず僕に愚痴って来るんです。

「また、あいつに奢らなきゃいけないんですよ、本当に困るなぁ~」

いいひと君は、貧乏な友人に食事を奢りつづけているみたいでした。僕が「だったら、奢るの辞めたら?」と、提案すると彼は必ず、「でもぉ~、友達だからぁ~」と、言って奢るのを辞められないでいるんですよ

どうやらいいひと君は、数少ない友達なので助けてあげたいと思っているみたいなんです。

これは完全にアウトですよね。はっきり言って、利用されています。

結局、いいひと君の貧乏な友人は、バイト先の現場までいいひと君に会いに来るようになり、いいひと君は「バイト先に迷惑がかかるから」と言う理由で、バイトを辞めて行きました。

このように、本当にいいひと、100%のいいひとになろうとすると、それを利用しようとする人が集まって来て、どんどん精神的に追い込まれて行ってしまうんです

いいひと君の間違いは、100%のいいひとを目指してしまった事にあります。

そもそも、人は100%のいいひとにはなれません。嫌だと思ったら、はっきりとNOを言うしかないんです。

 

だったら、なぜいいひとのふりをするのか?

「100%のいいいひとは危険なのは解ったけど、じゃあ、なぜ、あなたはいいひとのふりをするの?」と言う疑問が残っていますね。

この答えは簡単なんですよ。答えは、みんなお互い様だから、です。なんだか幼稚な答えで、ガッカリしましたか?(笑)

でもね、冷静に考えてみてください。人は誰しも他者の助けを借りて生きています

自分だけの力で今まで生きて来た、と断言できる人は一人もいません

他者に助けてもらいながら生きているくせに、自分だけ他者を助けないのは都合が良すぎる僕はいいひとのふりをそんな想いからやっています

だけど、何度も言うように、100%のいいひとじゃありません。

出来る限り他者に親切にするけど、無理はしない。それぐらいでいいんです。

くれぐれも100%のいいひとを目指すのは、辞めましょう。利用されます。

どうでしょうか?シンプルだけど大事な事でしょ?

実は、僕がこんな事を書きたくなってしまったのには理由があります。

貧困状態になってしまう人の中には、100%のいいひとを目指してしまって、詐欺にあったり、貧困ビジネスのようなやり方に引っかかって、金を奪われたりする人が多いんですよ

そんな人達が利用されない事を願って、こんな記事を書いてみました。

共に、利用されないいいひとになろうではないか?!