脱貧困ブログ

ひきこもり、ニート、うつ病、障害者、ネットカフェ難民、ホームレス、パワハラ、貧困状態の人を助ける情報を発信して行きます

相対的貧困は何が問題なのか、一緒に考えてみませんか?

突然ですが、相対的貧困という言葉を知っていますか? 知らない人のために、ちょっと説明させてください。 一般的に、貧困には二種類ある、と言われています。 一つは、「絶対的貧困」 「絶対的貧困」とは、飢えに苦しむアジアやアフリカの子供達のように「…

キモくて金のないおっさんたちへ、諦めるな!、自分のキモさを消す方法、教えます

ちょっと前に、こんな記事を読みました 決して救われない社会的弱者「キモくて金のないおっさん」について語る - Togetterまとめ 僕は気がつかなかったんですが、ネット内で多くの人が「キモくて金のないおっさんの未来について」、熱く意見を戦わせていたら…

貯金がまったく出来ないあなたへ、確実に貯金が貯まる方法を教えます

最近、何気なくツイッタ―を見ていたら、こんな記事が上がって来ました。 www.itmedia.co.jp 20代の平均貯金額を調べたもので、なかなか興味深い記事でした。 上記の記事によると、20代の平均貯金額は180万円代とのこと。 この金額を多いと思うか、少…

私が貧困は社会のせいである事を諦めずに訴え続ける理由

私の友人、M君が面白いブログ記事を書いていました↓ eraitencho.blogspot.jp 詳しい内容は、ぜひ読んで頂くとして、簡単に説明すると以下の通りです 貧困は社会のせいだと言う人がいるが、自分は違うと思う。 大半は本人の責任で、国家は貧困当事者に対して…

はじめの一歩が踏み出せない人へ、雑でもいいから、とにかくやっちゃえ!

何か新しい事を始めようとした時に、なかなか一歩踏み出せない事ってありませんか? もし、あなたが今、新しい事を始められないのであれば、その原因は何でしょうか?

日本は女性が住みにくい国であると断言する理由

最近、日本は女性が住みにくい国だなぁ~、と実感する出来事がありました。 私の女友達の話しです。

うつの再発を防ぐために知っておきたい2つの大切な心得

漫画家・田中圭一先生の『うつヌケ』を読みましたぁ~ うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 作者: 田中圭一 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 今や8万部突破のベストセラーになっている…

脱貧困するためには、いい加減な人になる必要がある、と断言する理由

当ブログは脱貧困をテーマにしています。 んで、私が脱貧困をテーマにして、ブログを書いている事を宣伝すると、それを聞いた人達はこんな質問をして来るんです。 「脱貧困するためには、何が必要だと思いますか?」

自分にはこの会社しかないから、嫌な事も我慢しなければいけないと思っているあなたへ

このタイトルをクリックして読んでいるあなたは、もしかしたら、かなり追い込まれているのかもしれない。 もしかしたら、あなたは今、こんな悩みを持っていませんか?

人を批判するのが大好きな人へ、「そういう自分はどうなの?」という問いを持て!

ツイッタ―やfacebookなどのSNSを見ていると、気がつく事があります。 それは、「批判」、「中傷」が多いこと。 やれ、「OOの意見がおかしい」とか「あいつ、あんな事言ってバカなんじゃないの?!笑」とか、本当に嫌になるほど多い。 きっと、…

住まいの貧困は他人事じゃない!、あなたも住む家がなくなってしまうかもしれない理由

自分が今、住んでいる家から家賃が払えなくなって、出て行かなければいけなくなる。 そんな事を想像した事がありませんか? 「ないね、仕事をして、ちゃんと家賃、払ってるから大丈夫!」 きっと、こんなふうに答える人が多くいるでしょう。 しかし、「大丈…

100%信じられる人はこの世に存在しない、早く気づいて!

仕事の忙しさ、お金の問題、そして、人間関係のイライラなど、様々なストレスに満ち溢れている現代 中でも、とくに問題なのは、人間関係です。

疲れた時は休むしかないじゃん!、もっと自分に過保護になれよ

何で世の中の人は、自分にも人にもこんなに厳しいんだろう? この疑問、考えた事ありませんか?

お金が掛からない結婚式を挙げたい夫婦へ、安くて楽しい結婚式、教えます

「結婚式はお金が掛かる!、めちゃくちゃお金が必要だ」 こんなふうに言われて、反論する人がいるでしょうか? きっと、「そうなんだよなぁ~」と、ガックリと肩を落として、納得する人が多いはず。

自己中心的な人が嫌いなあなたへ、あなたも自己中になっちゃえばいい!

自己中心的な人に会った事がありませんか? 「ある、ある、あういう人、本当に自分の事しか考えてなくて、ムカつくよね」 「会った事あります、ていうか、周囲にいる奴らは自己中ばかりです。いつも自分があいつらの後処理をしています」 きっと、こんなふう…

子供の貧困を解決する最初の一歩は?、それは、社会のしくみを変えるしかない事に気づくこと

2017年、2月12日、NHKで『子供の貧困、見えない貧困』特集が放送されました。 放送前から話題になっていたので、ご覧になった方もいるのではないでしょうか。 私も録画しながら、リアルタイムで観ていました。 番組を観た人はどんな感想を持ったの…

負ける事よりも諦める事のほうがかっこ悪い

私は将棋を趣味にしています。 将棋とは、対戦相手よりも早く王様を取ったほうが勝ち、という日本に古くから伝わるあのゲームですね。 んで、もともと飽き性な私がなぜか将棋とブログだけは長く続いている。 「何でこんなに続いてるんだろう・・・・」と、あ…

ブログ毎日更新二ヶ月達成、ブログを書き続けた私が教えるブログの楽しみ方3選

ブログ毎日更新が二ヶ月続きましたぁ~、めでたい! 短かったような長かったような。とにかく続けられたのは、でかい。 意志が弱い自分が本当によく続いたな、と思います。 せっかくですので、普段、読んで頂いている読者のために、今後の方向性をお伝えして…

見た事を見なかった事にしないために、貧困問題を追いかけている

当ブログは3年間、貧困問題をテーマにして来ました。 ですので、時々、人に聞かれる事があるんです。 「なぜ未だに貧困問題をテーマにブログを書き続けているんですか?」 理由は、いくつかあります。が、一番の理由は、貧困問題がこの社会にある事を見てし…

もはや家族はセーフティネットにならないと断言する理由

いざというとき頼りになる親類がいる=セーフティネット、では成熟した社会とは言えないと思ってしまってるのです。 この言葉は、当ブログの読者が書いてくれたコメントです。 実に、鋭い指摘だし、その通りだと思いませんか? 今回は、なぜ「いざというとき…

継続する事で知る事ができる3つの事柄

ちょっと前に、プロブロガー・イケダハヤトさんが書いた以下の記事を読みました www.ikedahayato.com 内容を説明すると、こんな感じ。 物事の質を上げるためには、量をこなさなければいけない。 たくさん作るから必ず成功するわけじゃないんですが、たくさん…

雨宮処凛氏「一億総貧困時代」を読んで、自己責任論は意味がないことを知ってくれ!

作家・雨宮処凛さんの「一億総貧困時代」が発売されました 一億総貧困時代 作者: 雨宮処凛 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発売日: 2017/01/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 実は、給料の関係でまだ買ってなく…

「差別するな」、と言いながら差別するのは辞めにしよう!、敵を作らないで戦う方法

アメリカに新大統領が誕生しました。 トランプ大統領です。 テレビのニュースで知ったんですが、アメリカ国内だけでなく、世界各国でトランプ大統領の就任式に対する反対デモが起きていたんですね まぁ、言論の自由の精神があるので、デモそのものは否定しま…

貧困当事者は自分に厳しい人達です、間違いない!

貧困当事者は自分に厳しい人達です。 こんなふうに言ったら、どう思いますか? 「いや、いや、貧困当事者の人達は自分に甘いから貧困になったんでしょ?、もし自分に厳しい人達だったら、なんとかして貧困から脱出する方法を考えるでしょ?」 もしかしたら、…

罪を憎んで人を憎まずって出来ると思う?

著作者:Freepik.com 罪を憎んで人を憎まずという言葉があります。 意味は、犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけない、ということ。 んで、ここで皆さんに質問です。 罪を憎ん…

面白いブログを毎日書くために気をつけている3つの心得

現在、ブログ毎日更新挑戦中です。目標は三ヶ月。 んで、私がブログ毎日更新にチャレンジしているのを見て、何人かの友人が私にブログの書き方を聞いてくる事がありました。 「何で毎日更新できるの?コツとかあるの?」と、不思議そうに聞いて来るんです。 …

人生を楽しむコツは、自分の敵よりも味方の事を考える時間を増やすこと

嫌な奴というのは必ず現れるものです。 生きていれば自分の嫌いな人とも会わなければいけないのは避けられない現実ですよね。 たとえば、職場の上司、同僚、学生さんならクラスメイト、部活の先輩。 こういった必ず会わなければいけない人達が嫌な奴だと、そ…

生活保護の最優先課題は、不正受給撲滅よりも使える人が使えてない問題を解決すること

今、生活保護「なめんな」ジャンパー問題が話題になっています。 知らない人のために、簡単に説明しましょう。 1月17日に小田原市の生活保護の担当職員が「生活保護なめんな」と書かれたジャンパーを着て、生活保護を利用している人の家を訪問などしていたこ…

気の弱い臆病者が勇気を出せるたった一つの言葉

本棚を整理していたら、こんな本が出て来ました ベストセレクション・日めくり 新装版 おかげさん ([実用品]) 作者: 相田みつを 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/09/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 相田みつ…

「ダメ人間」は悪口じゃない、褒め言葉です

「おまえはダメ人間だぁ」 こんな事を言われたら、あなたはどう思いますか? きっとムカッとする人、激怒する人がほとんどでしょう。 私も20代前半の頃、「おまえはダメ人間だぁ」と言われたら、怒っていたと思います。 しかし、35歳になった今は、「ダ…